慰謝料wiki

Wiki

ホーム > 慰謝料wiki > 慰謝料用語 > 結婚詐欺による慰謝料請求
公開日: 2021/07/30 最終更新日: 2021/07/29
慰謝料wiki - 慰謝料用語
 公開日: 2021/07/30 最終更新日: 2021/07/29

結婚詐欺による慰謝料請求

こちらは、慰謝料請求に関する用語集のページです。慰謝料請求で使用される「結婚詐欺による慰謝料請求」についてわかりやすく説明しています。

慰謝料請求用語集「カ行」

結婚詐欺による慰謝料請求

結婚詐欺が婚約破棄と大きく違うのは、婚約や結婚の口約束をしていてもそれは表向きで、もともと結婚する意思などなく、金品や資産をだまし取るのが目的になっていることです。

結婚をちらつかせて金銭などをだまし取られていた場合、刑事上の詐欺罪(刑法246条)が成立するので、詐欺行為を働いた加害者に「損害賠償」を請求することができます(民法709条)。

また、婚約破棄と同様に精神的損害を被ったとして、「慰謝料」を請求することも可能です(民法710条)。婚約破棄については「婚約破棄の慰謝料請求」の項をご覧ください。

ワンポイント

何度も人をだましていると、結婚詐欺師はなかなか証拠を残しません。そのため、結婚詐欺の被害を証明するには、大きく次の2つが必要になります。

  • 金品の受け渡しがあった事実
  • 相手に金品をだまし取ろうとする意思があった事実

用書を書いてもらっていれば証明は簡単ですが、詐欺師がそのような証拠を残すとは思えません。ましてや、結婚を前提にしたおつきあいをしていれば、相手を信用して借用書を書いてもらうこともないでしょう。

それが結婚詐欺師のやり口です。そのため、自分で被害を立証したくても難しく、思うようにいかないのが実際です。

結婚詐欺による慰謝料請求関連項目

この記事を読んだ方は以下の記事も読まれています

ファミリーグループでは、金銭がどのように動いたのかを証明するお手伝いをいたします。また、相手には本当に結婚する意思があったのか、それとも最初からだますつもりで接近してきたのかについても、相手の素行調査・信用調査から事実を突き止めます。

結婚詐欺・婚約詐欺の被害に遭われた方は、私たちにご相談ください。国際ロマンス詐欺も新手の結婚詐欺ですが、当ファミリーグループは海外にも支店を設けているので、海外調査も可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop