不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 浮気妻に親権を渡したくない!浮気の証明と親権問題
公開日: 2022/11/25
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2022/11/25

浮気妻に親権を渡したくない!浮気の証明と親権問題

親権を取る方法3

婚姻関係にある配偶者以外の相手と浮気や不倫をすれば、不貞行為として妻や夫からから離婚や損害賠償としての慰謝料請求をされる可能性があります。

離婚することとなった場合、親権は大多数が妻が持つことになります。

では妻の浮気が原因で離婚に至ったケースでも親権は妻に渡すべきなのでしょうか?

今回の記事は、浮気の疑惑がもたれる妻に親権を渡したくないという男性の相談事例をもとに解説しています。

目次│離婚による親権の相談窓口

相談者
親権問題サポート
2022年11月25日 更新
浮気・不倫トラブル問題解決の担当者が作成した結婚トラブル関する情報を公開しております。離婚トラブル・恋愛トラブルなど、さまざまな男女トラブルに対応しております。

親権が母親にある理由

浮気したのは妻なのに…!

妻が浮気している…と確信をもって問い詰めたが、本人はしらを切って一切事実とは認めようとしない。

それどころか、「自分をそんな目で見る夫とはもう暮らせない!」と言って離婚を申し出てきたのです。

このような場合、浮気が事実なら妻から一方的に離婚を要求することは不可能です。 また、夫の対応一つとっても、触らぬ神に祟りなしでそのままにするか、こっちから離婚届けをたたきつけるかなど夫によって、さまざまだと考えられます。

浮気妻には離婚願望がある

このケースの夫は浮気発覚当初、妻が反省の意を示せば許すことも考えていたそうです。

しかし妻は以前から夫に対する愛情が希薄で、これ幸いに離婚届を突き付けてきたというのです。

男性の場合は遊び目的の浮気が大半を占めますが、女性の浮気は夫に愛情を持てず、他の男性に心が奪われてしまうため本気になりやすいと考えられます。

親権が母親になるのはなぜ?

昨今ではイクメンという言葉も浸透しています。離婚するにあたり、子どもの将来を考えて「どうしても親権が欲しい」と考えるお父さんも少なくはないでしょう。

しかしながら、子どもが自分の意志で選択できない幼いうちは、母親が親権獲得に有利なのは確かです。

おそらくは、実際に妊娠期間から始まり、お腹を痛めて生み育てるのは母親…というイメージが世間一般が持っているからでしょう。

実際に約9割は母親が親権を取得しています。

妻に親権を渡したくない理由

親権を取りたい2

親権を渡したくない2つの理由

今回、事例に挙げたご夫婦には未就園児のお子さんが2人がいます。浮気した妻は当たり前のように親権は母親にあると主張し、養育費を要求してきたといいます。

男性はどうしても妻に親権を渡したくない理由として以下のことを挙げていました。

  • 不貞行為の被害者である自分が、なぜ子どもまで奪われなければいけないのか
  • 離婚後、妻が再婚したら浮気相手が子供の父親になるかもしれないことが耐えられない
  • 妻は働いても長続きせず、家事や育児がいい加減、そんな妻に子どもを任せたくない

経済力は親権に影響しないの?

収入も安定しない妻の場合、経済力の面は親権に影響しないのでしょうか。

結論から言えば、ひとり親の公的扶助を受けたり、元配偶者から養育費や財産分与を受け取ることができれば、それほど問題ありません。

ただし、母親が現在に至るまでに莫大な借金を抱えている、浪費グセがあるなどの場合は、親権争いで不利になる可能性はあります。

この妻の場合は、働くのが嫌でまともに働いた経験がないというだけなので、親権争いにはさほど影響がないかもしれません。

父親が親権を取得するにはどうすればいい?

親権を取りたい1

離婚してから後悔しないために

子育てするのに不安を感じる母親に親権を渡し、子どもを任せている男性もいることでしょう。

変実問題として親権は渡してしまってから取り戻すことは非常に困難です。

どうしても親権を妻に渡したくないのでしたら、後悔しないために離婚する前に親権取得のためにできることを調べ実行しておくべきでしょう。

母親が親権を取得できない5つケース

親権を夫婦両方が希望する場合、 どちらが親権者になった方が子どもの利益にかなうのかということにかかってきます。

もちろん母親が持つのが一般的ですが、以下のように母親に扶養できない深刻かつ決定的な原因ある場合、父親が親権を獲得するケースもあります。

  • 長期に渡って母親が(育児放棄)ネグレクトしていた
  • 母親自らが親権を放棄した場合
  • 日常的に母親が子どもを虐待していた
  • 子どもが自分の意思で父親を選んだ場合
  • 母親が心身のバランスを崩している場合

調停や裁判では、子どもにとって父親と母親のどちらが親権者となった方が養育者として適切かということを基準として親権者を決定します。

さまざまな事情を考慮して、どちらの方が親権者にふさわしいかを判断するので、母親に上記に該当するため十分な養育ができないことが認められた場合、父親が親権を取ることも可能性もあります。

妻の浮気を証明すれば親権を取れる?

不貞行為は親権には影響しない

結論から言えば、 浮気は親権にあまり影響しないといいます。

つまり妻が浮気していたことを証明したとしても、親権争いにはあまり関係がありません。

ただし、浮気相手が直接的に子どもと関わっていた場合は例外となることも考えられます。

例えば、夜に子どもを一人家において不倫相手に会いに行っていた、浮気相手が子どもに危害を加えた場合などは、監護親として不適格と判断される可能性があります。

離婚は認めず子どもと暮らす方法もある

どうしても子どもと離れて暮らすことに抵抗があるのなら、一度親権から離れ、離婚しない方向で考えてみるのはいかがでしょうか。

そもそも浮気した妻は有責配偶者という立場です。

日本では「有責配偶者からの離婚請求は認められない」法律があるため、たとえ離婚裁判になっても妻の離婚請求は認められません。

親権を奪われずに済むなら、妻ともう一度やり直してもいいと思う夫には取るべき選択の一つかもしれません。

妻が不貞行為を認めない場合は

親権を取る方法4

浮気を認めず離婚を要求する妻

妻の浮気のせいで離婚、さらに親権を奪われることは父親として辛く、同時に妻を許せないことでしょう。

そもそも浮気の事実を一切認めず、逆ギレされ離婚を言い出すだなんて、納得できないのも無理ありません。

このまま被害者ヅラした妻に浮気を隠蔽されたまま離婚され親権を取られないために慎重に行動しましょう。

浮気の事実を証明する

悪い流れを阻止するためには、やはり妻の不貞行為が事実であると証明することが重要です。

妻が浮気を証明することは、妻の浮気のせいで家族が壊れたことを証明することなる、また妻に有責配偶者と認めさせ離婚や親権を要求することを阻止するためにも必要なことです。

妻の浮気を証明することは重要

親権を取る方法4

離婚する前に浮気を立証する

相手が認めない限り、不貞行為とは認められません。立証するためには浮気の証拠が何よりも重要になります。

浮気妻に言い逃れされないだけの決定的な証拠を見つけるには2つの方法があります。

自力で不貞行為の証拠を見つける

事を大きくしたくない、費用もかけたくないなどの理由から、一人で浮気の証拠を掴もうと行動する人もいます。確かに相手が警戒心の薄いタイプなら、身近な所で証拠が見つかるかもしれません。

ただし、離婚調停や裁判になった際には弱い証拠をいくつも要しても有効にならない場合もあるので専門家などに相談が必要です。

探偵や調査会社に依頼する

浮気の証拠を掴むのは、相手にばれて証拠隠滅を図られたり、逆に責められたりなど思っている以上に難しいことです。

安全かつ確実な方法は専門家に相談すること、調査を依頼すれば速やかに決定的な証拠を得ることが可能です。

不貞行為を証明して親権を取り返す可能性は?!

例外ではありますが、妻の浮気の決定的証拠となる調書が手に入り、浮気を事実だと認めたとします。

同時に妻の男性関係が乱れていたことに伴って育児放棄が問題視された場合、その後の子どもたちの生活環境が心配され母親側が監護者として不適格と判断されるケースもあります。

また、裁判で親権こそは取れなくても、今後の育児において母親の育児に問題行動が見られた場合、父親が親権が取り返すケースもあるようです。

真実を知らなければ何も変わらない

浮気・不倫の相談窓口

親子が一緒に幸せになるために

夫婦間の悩みを誰にも相談できず辛く苦しい日々を送っている方、またトラブルを抱え、解決方法が分からないという方、まずは、当事務所の無料相談をご利用ください。

慰謝料請求専門窓口は、夫婦の離婚問題をはじめ、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。

お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。あなたの抱えている苦しみや悩みをお聞かせください。
前を向いて歩けるよう、ご期待に添えるような問題解決とサポートをお約束します。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop