慰謝料wiki

Wiki

公開日: 2021/02/10 最終更新日: 2021/03/17
慰謝料wiki - 慰謝料用語
 公開日: 2021/02/10 最終更新日: 2021/03/17

過失割合

こちらは、慰謝料請求に関する用語集のページです。慰謝料請求で使用される「過失割合」についてわかりやすく説明しています。

慰謝料請求用語集「カ行」

過失割合とは

過失割合の意味

過失割合とは、その名の通り過失のある割合をいいます。交通事故などでよくきく言葉ですが、不貞行為などの場でも使われることがあります。

例えば、夫が不倫をしたとき、妻に対して夫と不倫相手で共同不法行為を行なったことになります。不貞をした夫と不倫相手では過失の割合が違い、基本的に夫6~7割、不倫相手4~3割になります。もし、相手が主導で不倫をしたときは相手の割合が高くなり、慰謝料を請求する際に相手の金額が大きくなります。

ワンポイント

共同不法行為はどちらも慰謝料を払う義務があります。

過失割合関連項目

この記事を読んだ方は以下の記事も読まれています

「過失割合」に関する記事をご紹介いたします。慰謝料請求専門調査窓口では、専門アドバイザーが「過失割合」に関する無料相談をお受けし、解決の糸口をお探し致します。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop