結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート

Marriage Fraud Damage Claim – report

ホーム > 結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 > 結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート > 私は泣き寝入りしない!宮城県の結婚詐欺調査事例
公開日: 2021/03/17 最終更新日: 2021/03/18
結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 - 結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート
 公開日: 2021/03/17 最終更新日: 2021/03/18

私は泣き寝入りしない!宮城県の結婚詐欺調査事例

男女トラブルには実に様々なケースがあります。わたし達に限っては大丈夫と思っていても油断できません。それは厄介なことに夫婦間、恋人同士、内縁関係、さまざまな形の男女関係においてある日、予測不能に起きることが多いのです。

目次|結婚詐欺調査

私は泣き寝入りしない!

まさか私がこんな目に合うなんて…

世の中には明らかに非がなく、一方的に損害を払わされ傷ついているのにも関わらず、対処しようがなく理不尽にも泣き寝入りに追い込まれるケースが存在します。平凡な日常生活で突然の運命の出会いをしたと信じ切っていたのに、まさかの事態に悔み、悲しみに明け暮れていたという宮城県の30代の女性の相談をご紹介いたします。

女性
ご依頼者様: 50代/女性 会社員
ご相談内容: 彼との出会いはSNSでした。「素敵な人ですね。よかったらお返事ください」という突然のダイレクトメールについ嬉しくてお礼を返しました。同じスピリチュアルの趣味を通じて、わたしの投稿見てくれたようです。メールのやり取りするうち、わたし達は急速に親しくなり、直接会うまでに時間はかかりませんでした。わたしの地元まで来てくれて会ったばかりなのに休暇を取った彼が、しばらくわたしの家に滞在しました。同じ歳で誕生月も同じ相性もバッチリな二人として運命を感じられずにはいられませんでした。それから1カ月余り過ぎたころ、彼が突然言い出しました。「会社のお金をつい横領してしまった。今すぐ返金しないと逮捕されてしまう」200万円ほど貸してもらえないか?という切羽詰まった彼に促されわたしは貯金をおろして渡しました。当時、彼とは結婚前提に交際していたので信頼しきっていました。彼と音信不通になってしばらくしてからSNS上で彼が既婚者らしいことを見ました。怒りと悲しさでいっぱいです。調査会社の方から励まされ、何とか自分を立て直し「借用書と返済計画」「慰謝料請求」をすることにで前に進めると思い決心しました。絶対に泣き寝入りしたくないです。

結婚詐欺師を逃がさない

このような状況で必要なプラン

今回のケースでは、交際相手の「名前」「SNS」しかない状況で携帯電話は解約してしまっているので連絡ができない状況です。このように少ない状況でも、「氏名情報から住所」を割り出せることもあります。また、SNSに上げた写真を分析することで、 「行動範囲」「勤務先情報」「おおよその住所」も絞り込み可能です。

まずは、本人の居場所情報が必要になります。そのうえで、騙し取ったを200万円を含む慰謝料請求をする必要があります。SNSには既婚者の可能性があるとお聞きしましたが、実際に既婚者なのか裏を取る必要があります。SNSでは嘘も公開できるので言い訳される可能性が高いのです。

ワンポイント

このようなケースでは、いくら相手が信用できる人であってもお金のやり取りは極力避けるべきでしょう。救ってあげたい、信じてあげたいと思うなら現金ではなく、「振込」で対応してください。理由は、貸したことを証明しやすい点や氏名に嘘はないかを確認できます。

調査プラン 所在調査・行動調査10時間  基本料金 380,000円 + 車両機材費 30,000円

被害金を回収するために

既婚者であれば示談も視野に

今回の調査で被害金の回収まで成功させるには、「詐欺師が既婚者であるか」が重要なポイントになります。既婚者であれば、妻はこのことを知っている可能性は低く、詐欺師も妻にバレることを恐れ示談交渉で解決できる可能性が高いのです。

あとは、詐欺師が仕事をしているかによって交渉方法も変わってきます。ある程度自由に動けることから、会社員ではなさそうですが、仕事内容によっては支払いを逃れるような行動を起こさないかと思います。

結婚詐欺を立証することが重要

いくら被害に遭ったといっても証拠を示さなければ認めてもらえません。彼女の場合は結婚詐欺の他、婚約破棄の被害者である可能性もありました。そうなると対象者は二重の嘘と裏切りを彼女に与えていることになります。傷ついた分の慰謝料を取るために確実な証拠を押さえる必要があります。

成功した重要なポイント

調査した結果

調査した結果、対象者の自宅を割り出し対象者は妻子持ちであることが分かりました。最初から金銭目的で独身女性に近づき、恋愛関係に進展させては詐欺行為を繰り返していたようです。詐欺師の男は数々の証拠を前に、裁判になって事が大きく成り家族に知られては困ると言って、示談金の支払いを持ちかけてきました。ご依頼者はすっかり心を傷めていましたが、相手からの謝罪と示談金の支払いに、最後はほっとしたようでした。

調査が成功した理由

まず婚約関係にあったのかメールの履歴などによる、二人の行動の記録から証拠をいくつか見つけることができました。更に当社調査員による対象人の尾行調査をすることで、対象人の素性が明らかになり結婚詐欺行為の証拠を得ることができました

  • 対象人がSNSに有力な手掛かりを残していた
  • ご依頼者の償わせたいという強い気持ちがあったこと
  • 二人の写真、メールの文章などの形跡が証拠となった

まずはご相談ください!

あなたの未来が前向きで発展性のあるものになるまで

信頼していた相手からの突然の裏切り行為、そのショックの大きさは計り知れません。結婚詐欺などの場合、金銭的な損害以上に心身の負担があまりにも大きいものです。私どもができることは、その気持ちに丁寧に耳を傾けて、その気持ちを汲んで、徹底的に証拠集めの調査することです。

それにより決定的な証拠が得られても最終的には、ご自身の心の声が最終的な決断に繋がるのだと考えています。 当事者たちにしかわからないことは確かに存在します。慰謝料の請求とは、あなたが前を再び向いて希望に満ちた世界をもう一度見つめるために必要な一つの挑戦なのかもしれません。

できればお互いにとってその先の未来が前向きで発展性のある関係であることを私共はいつも祈っております。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop