結婚詐欺による慰謝料請求相談サポート

Marriage Fraud Damage Claim – support

ホーム > 結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 > 結婚詐欺による慰謝料請求相談サポート > 結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求する方法
公開日: 2022/01/09 最終更新日: 2022/01/11
結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 - 結婚詐欺による慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2022/01/09 最終更新日: 2022/01/11

結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求する方法

泣く女性

ホストの彼氏にお金を騙し取られた、結婚の約束をしたのになかなか話が進まないなど、「ホストに騙されたかもしれない」と不安に感じている女性は少なくありません。ホストの彼氏の言葉を信じたいけど‥好きな人を疑うのは心が痛みます。

ホストは夢を見させる商売ですが、人の心を欺いてお金を騙し取るのは犯罪です。結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求する方法についてお伝えしますので、お悩みの方はご参考になさってください。

慰謝料請求に必要な情報のご案内

相談者
結婚詐欺で慰謝料請求する方法
2022年1月9日
結婚詐欺に関する「結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求する方法」の記事です。結婚詐欺でお悩みの方の役に立つ情報をお伝えしています。皆さまの問題が解決できるよう、前を向いて歩けるよう尽力いたします。

どこからが結婚詐欺なの?

結婚詐欺とは?

『結婚詐欺』とは結婚する意志がないにも関わらず、結婚を餌に相手に近づき金品を騙し取る、返済する意志がないのにお金を借りる・お金を借りさせる(ローンを組ませる)、財産の名義を変更させる行為などを結婚詐欺と言います。

結婚の約束をしているのに話が進まない、自分の意志でお金を渡した、結婚の約束をしていたホストが行方不明や音信不通なっても、金銭的な被害がない場合『結婚詐欺』に該当しません。

詐欺罪(第246条)

  • 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

  • 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

詐欺罪の要約

  • 誰かを騙してお金や財産を取った場合には、10年以下の懲役となる。

  • お金や財産を騙し取るために協力した人も同じ刑罰となる。

結婚詐欺は法律で認められている犯罪です。しかし、実際に慰謝料請求する際は、結婚詐欺と認められる条件や証拠を揃えなければいけません。初めから結婚する意志がなかったことを証明する必要があります。

結婚詐欺は「お金や財産を取ること」「相手を騙すこと」が重要なポイントになるので、相手がどのような嘘をつき、お金や財産をどれだけ渡していたか確認してみましょう。

通帳見る女性

結婚詐欺に該当しない場合は諦める!?

先ほどもお伝えしたように、金銭的な被害がない場合『結婚詐欺』として慰謝料請求することは難しいですが、現在に至るまでの経緯や状況を詳しくお聞かせいただくことで、問題解決に必要な調査やサポートをご提案させていただきます。

結婚の話が進まない原因を調べる身辺調査・生活実態調査、貸したお金を取り戻すための情報収集調査・サポート、結婚の約束をしたホストの居場所を調べる行方調査など、さまざまな問題解決に必要な調査・サポートの対応が可能です。

結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求をご検討中の方、もしかしたら騙されたかもしれない?と少しでも不安を感じている方は、専門家への無料相談窓口をご利用ください。

ホストの結婚詐欺に関する相談事例

相談事例1

3年前から結婚を前提におつきあいしているホストがいます。数年前から彼の母親が病気になり、入院費を稼ぐためにホストを続けています。それでも足りない分は、わたしが毎月立て替えています。
母親が心配なのでお見舞いに行きたいと言っても、入院先の病院を教えてもらえず不安に感じています。わたしは彼に騙されているのでしょうか?

相談事例2

結婚するためにホストを辞めて、新規事業を立ち上げたいと相談を受けて400万円渡しました。そして、結婚前の最後のイベントにも来てほしいと言われて、最後のお願いと250万円使いました。
ですが、一向にホストを辞める気配はなく、新規事業が軌道にのるまでは両立するし、結婚も待ってほしいと言われました。話が二転三転するので信用できなと伝えると、待つか別れるかの二択だと言われて、騙されているかもしれないと思うようになりました。

相談事例3

数年前から結婚の約束をしているホストの彼がいます。彼の売り上げが低い月は、お店に通いお金を使っていました。
いつ頃に結婚するのか話し合いをしようと思っていた矢先、彼が既婚者で子どもがいる噂を聞き、いてもたってもいられず彼に確認すると、はぐらかされ挙句の果てにしつこいと逆切れされ音信不通になりました。
わたしは彼と結婚できると信じていたので、少しでも力になりたいと思っていました。お店に借金があるから返済しないと辞められないし、結婚もできないと借金を立て替えていたのに‥。

慰謝料請求するために必要な情報

基本情報と証拠をそろえる!!

慰謝料請求で必要な証拠の種類
  • 婚約成立を証明する
  • 不正当な理由で婚約破棄されたことを証明する
  • 騙されていたことを証明する
  • お金を渡したことを証明する
  • 被害の大きさ(精神的苦痛など)を示す証拠

結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求際は、ホストの「氏名」と「住所」が明らかでなければなりません。住所とは「現在生活している場所」を指します。

慰謝料請求の手順
  • 内容証明郵便で請求書を送る
  • 示談交渉をする
  • 和解書を作成して支払いを受ける
  • 裁判を起こす

結婚詐欺で騙されたホストに裁判を起こすには、役所に登録されている住所ではなく、実際に生活している場所(住所)の情報が必要です。どこの誰かわからない人には慰謝料請求できません。

結婚詐欺にあった場合、警察・弁護士・探偵が主な相談先ですが、警察や弁護士は詐欺の証拠が揃っていないと動いてもらえないことも多いようです。

実際に「住民票に登録されている住所に住んでいなかった」という事案も少なくありません。結婚詐欺で騙されたホストが住民票に住んでいなかった場合、警察や弁護士がホストの住所を探すことはないでしょう。

ホストの情報や結婚詐欺の証拠が不足しているときは、まずは探偵社に相談し慰謝料請求に必要な情報取集を行なうことが問題解決への近道だと言えます。

問題解決に必要な調査・サポートとは?

状況に応じた調査・情報収集・サポート

結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求するたの調査・情報収集・サポートは、被害状況に応じて身辺調査、生活実態調査、所在調査、勤務先調査など内容が異なります。

どのような情報や証拠、調査を行なうことで問題が解決するのか、担当者と打ち合わせを行なうことが重要です。また、行なう調査に応じて依頼料の取り決めが異なりますので必ず確認しましょう。

ファミリー調査事務所の安心コミコミパックプランは、基本料金に諸経費等も含まれていますので、追加料金は一切かかりません。

例外として、対象者がホテルや旅館に宿泊、テーマパークなど入場した場合、宿泊者や入場者しか利用できないエリア(温泉・レストラン・バー・テーマパーク施設等)やホストクラブへの潜入が必要になる事案があります。

このような場合、基本料金のほかに宿泊費や入場料などが別途かかりますので、事前に担当者と打ち合わせを行なう必要があります。

調査依頼の注意事項

ほとんどの探偵社がHPに費用や調査プランを掲載していますが、契約の際には「基本料金」や「追加料金の有無」の確認を行なってください。

近年、探偵社による不正な料金の請求、調査終了後に高額な追加料金(諸経費等)を請求されるトラブルが問題となっております。

特に調査員の水増しなどには注意が必要です。本来なら1名分の諸経費で済んだところを、3名分の料金を請求する悪徳な探偵社も存在しています。

結婚詐欺で騙されたホストに慰謝料請求できたとしても、多大な出費が残っては納得の解決とは言えません。必要な情報と不必要な調査をしっかりと見極めることが重要です。

また、弁護士が必要な場合は紹介も行なっております。なお、弁護士を紹介する際、私どもは法の定めにより、紹介料や斡旋料等の請求を禁じられているので、ご依頼者には無償で弁護士を紹介したことを付記しておきます。

結婚詐欺被害の相談窓口

悩んでいるならお電話ください

結婚詐欺で騙されたホストのことでお悩みの方は、慰謝料請求専門調査相談窓口にお問い合わせください。

結婚詐欺は金品を騙し取るだけでなく、好きという気持ちを利用し裏切り心に深い傷を残します。結婚詐欺で騙されたホストの問題を一人で解決するのは、難しいかもしれません。慰謝料を請求できても心の傷が癒えるわけではりません。

しかし、このまま何もせず泣き寝入りして前に進むことはできますか?調査を行なうことで、知りたくない真実が発覚することもありますが、真実を知り受け入れることが前に進む第一歩になるのです。

当事務所はご依頼者の気持ちに寄り添い、ご依頼者の希望に沿った調査や問題解決をお約束いたします。また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、お気軽にお申しつけください。

お問い合わせフォーム・電話・メールにて24時間、土日・祝日問わずお受けしています。女性相談員も在籍しておりますので、ご希望の方はお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop