LGBT間トラブル相談サポート

LGBT trouble – support

ホーム > LGBT間トラブルサポート関連記事 > LGBT間トラブル相談サポート > 同性愛と偽って騙したアイツを許さない!LGBTの結婚詐欺トラブル
公開日: 2022/02/03 最終更新日: 2022/02/10
LGBT間トラブルサポート関連記事 - LGBT間トラブル相談サポート
 公開日: 2022/02/03 最終更新日: 2022/02/10

同性愛と偽って騙したアイツを許さない!LGBTの結婚詐欺トラブル

花

LGBTなど性的マイノリティへの理解は年々広がっています。そんななかで自分の性的趣向が家族や親せきにことを恐れ、隠し通していたり、思いが通じ合うパートナーと出会えず孤独を抱えている人も多くいます。

今回はそんなLGBTに対するトラブルについて説明します。

目次|LGBTの慰謝料の相談窓口

相談者
結婚トラブルサポート
2022年2月3日
トラブル問題解決の担当者が書いた結婚詐欺に関する情報を公開しております。男女トラブル以外にも、LGBTトラブル・対人トラブル・職場トラブルなどさまざまなトラブルに対応しております。

同性愛者にも立場によって色々ある

マスクの男

一概に同性愛者とはいっても十人十色です。家族や周りの理解を得て、自分らしく生きている人もいれば、ごくわずかな人にだけ打ち明けている人、誰にも打ち明けていない人、さまざま。

気持ちを分かち合うパートナーが重要

性的趣向をオープンにしている同性カップルも多くいますが、その一方で出会いに恵まれない人はもいます。家族にも言えず気持ちを分かち合るパートナーもいない人は辛く孤独だといいます。

そのうえ、その背景に偏見など特有の悩みや被害経験があると、なおさら苦しい立場でしょう。

LGBTであるがゆえの不都合の一例
  • 過去に異性愛者の男性に告白したら、暴言を受けトラウマになった
  • 学生時代、性的趣向をネタにイジられたり気持ち悪がられた
  • 親も職場もステレオタイプなのでバレたら立場を失いそう
  • 心を開けるパートナに出会えず、生きる張り合いもない
  • 親の望み通り異性と結婚したものの、毎日が辛い

同性愛の結婚詐欺の事例

同性愛者は真っ赤なウソ!!

心の通い合えるパートナーと出会いたい…そんなひたむきな気持ちを利用された詐欺被害もあります。もともと内向的で、LGBT同士の出会いの機会に恵まれていなかった男性は結婚詐欺被害を受けたと相談されました。

LGBTの結婚詐欺被害の事例

彼とはゲイバーで知り合いました。私は周りに同性愛者だと隠していたため、1人ときちんと交際した経験がありませんでした。彼はエリートで誠実で、何でも話を聞いてくれました。

ひと月もたたないうちに2人の間で、結婚を前提に同棲する話が出ました。ただ、妙だったのは体の調子が悪いとか関係を大切にしたいからまだ先、と言って彼が性交渉を拒んだことです。

それまで別のゲイとはその日のうちに肉体関係を結んでいましたので。それから数日後、その理由がわかりました。彼は同性愛者ではなかったのです。

会社独立のための資金繰りで金欠だからと言い、私がマンションの契約金80万円を渡した途端、音信不通になりました。私の気持ちを踏みにじったうえ、お金を騙したったアイツを許すことはできません。

結婚詐欺になる?ならない?

出会いが多様化すればトラブルも増える

LGBTであっても、もちろん異性愛者のように愛する人と出会い、安定した暮らしを望むはずです。最近は同性愛者同士の出会いアプリや結婚紹介サービスまで出てきています。

その一方で、事例のように同性愛者を装った結婚詐欺などのトラブルも多発しています。
真剣に相手との未来を見つめる気持ちに付け込み、金銭を搾取するばかりか、深い傷を負わせた相手に制裁を与えることはできないのでしょうか。

結婚詐欺には該当しないが…

【結婚詐欺の定義】

結婚詐欺は,特殊詐欺,投資詐欺,保険金詐欺などと同様,「詐欺罪」の一種です。結婚する意思がないにもかかわらず、結婚を餌に相手を騙して金品を巻き上げたり、返済の意思もないのに金品を借りたりする詐欺行為をいいます。

現在、日本国内における同性婚は法的は認められていないという現状です。よって事例のケースは正式には結婚詐欺というより恋愛詐欺に該当します。

異性愛者、同性愛者問わず結婚を匂わせたうえで、相手からお金を引き出し何も言わず姿を消すことは卑劣な詐欺行為に違いありません。

慰謝料請求が可能なのか

慰謝料の請求方法はある?

金銭の搾取被害だけでなく精神的被害も被ったので、相手に代償を支払わせたいと思うのは当然です。しかし結論から言えば、結婚の約束をしていても、その事実を立証できなければ慰謝料請求は難しいです。

例えば警察は恋愛詐欺に関しては民事不介入で取り合ってくれないのがほとんどです。法の専門家の弁護士も、相手との関係を示す証拠や相手の居場所や情報が全くなければ動くに動けず裁判も難しくなります。

証拠収集に探偵を上手く活用する

事実として証明するためには、確固たる証拠が必要です。相手を降伏させるだけの証拠とは、裁判になっても立証できるくらいの強い証拠です。

弁護士が法律の専門家なら、証拠収集や調査の専門家である探偵に相談することをお勧めします。

探偵に依頼するメリット

探偵であれば、探偵業法に基づき合法的に浮気調査を行えます。依頼相談を受け ご依頼人の意見を取り入れながら、個別に適した捜査方法を考え迅速に実行します。

居場所や素行調査のための尾行や張り込みなど時間も労力がかかる作業も、プロに任せることで負担なく、証拠が手に入ります。

LGBT結婚詐欺

結婚詐欺の相談窓口

あらゆる恋愛トラブルに対応しています

悩みを誰にも相談できず、辛く苦しい日々を送っている方、またトラブルを抱え、解決方法が分からないという方、まずは、当事務所の無料相談をご利用ください。

慰謝料請求専門窓口は、LGBT同士の問題をはじめ、多様なトラブルに対応し慰謝料に関する疑問にお答えいたします。

望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。

お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間・土日祝日問わずお受けしています。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop