慰謝料請求のご相談事例《鹿児島県版》

Case/kagoshima

ホーム > 慰謝料ニュース > 慰謝料請求のご相談事例《鹿児島県版》 > 鹿児島県の男女間トラブルによる慰謝料請求
公開日: 2021/02/19 最終更新日: 2021/03/18
慰謝料ニュース - 慰謝料請求のご相談事例《鹿児島県版》
 公開日: 2021/02/19 最終更新日: 2021/03/18

鹿児島県の男女間トラブルによる慰謝料請求

男性は九州男児として古き良きをどこか大事にしており、女性はしっかり者で芯があるのが鹿児島県民らしさだといいます。鹿児島県民の離婚は全国7位です。どこかしら男女の特性のバランスががとりづらいのかもしれませんね。

鹿児島県民の慰謝料請求について|目次

慰謝料請求相談窓口のご案内

公共機関(法律相談)

法テラスとは、全国で法的トラブルを解決することができるように、国民の安全と快適な暮らしをサポートすることを目的に設立されました。「日本司法支援センター」が正式名称です。

法テラス鹿児島 鹿児島市金生町4番10号 アーバンスクエア鹿児島ビル6階
0570-078366

公共機関(DV相談)

「DV相談ナビ」は、配偶者からの暴力・圧力・無視・行動の制限・性的な強要などのさまざまなDVの相談ができます。また、同棲をしている恋人からのDVなどの相談にものってくれます。

配偶者暴力相談支援センター #8008(短縮ダイヤル)
0570-0-55210

探偵事務所(証拠収集の相談)

慰謝料請求するためには、相手の不貞行為、裏切り行為の証拠が必要になります。自分で証拠をとることが難しい、見つかるのが怖いという方は調査会社に相談するのがいいでしょう。

慰謝料請求専門調査窓口 24時間・年中無休
0120-506-862

慰謝料請求の主な相談内容

男女間トラブルは多様化している

古今東西、男女の数だけトラブルは発生するもの。中には相手に深い傷を負わせるような、冗談じゃ済まされないような悪質なトラブルも増加しています。ネット社会になり、男女の出会い方が多様化にしたことで比例するように、さまざまなトラブルも増加しています。

当社では全国から多くの相談が寄せられていますが、それは鹿児島県でも例外ではありません。それが下記のような相談内容になります。

  • 夫(妻)に愛人がいる
  • 婚約者が浮気している
  • 婚約を不当な理由で破棄された
  • 元夫が慰謝料を払わない
  • 内縁関係を不当な理由で解消された
  • 結婚詐欺にあったかもしれない
  • 外国人の恋人にお金をだまし取られた

行動を起こす前の再確認

話を切り出す前が大事!

信じていた相手が自分を裏切っていたと知ったら、どんな人でも怒りと絶望感が沸き起こることでしょう。相手に対しても浮気相手に対しても憎悪で頭がいっぱいになり、何も考えられなくなりそうです。そんな状態で、すぐに相手を問い詰めることが果たして良い解決へと導くでしょうか。答えはノーです。感情的な口論になって収拾がつかなくなるのがオチです。

準備を万全にすべき

話し合うにしても合わないにしても、まずはここで冷静さを取り戻し慰謝料請求に向けての準備を始めなくてはなりません。もし話し合いの場を持つのなら、かなり用意周到に備えておくことです。

話す段取りから、相手の意思確認(反省していいるかどうかなど)、そのほか確認すべきことをメモしておきます。事前の準備において一番大切なことは情報収集です。相手は不貞をした後ろめたさで、さまざまな言い訳や言い逃れをすることが予想できます。そこで言い逃れがでいないような決定的な証拠それを裏付ける情報を用意しておくことが必要となります。

頭が固い男性としっかり者の女性

一見、女は男に従え的な習慣がまだ目立つ鹿児島ですが、逆に、男は女のすることに口を出さない暗黙のルールだそうです。どんなに嫁が料理が下手くそでも、どんなにまずいものを出されても、男は黙って完食しなければなりません。掃除が下手でほこりが立っていても何も言いません。

ちょっとでも口を出そうものなら器の小さい女々しい男と評価が地に落ちてしまいます。それこそが現在版、九州男児らしさなのでしょうか。

証拠不十分と判断されるケース

慰謝料請求には立証責任がある

被害者は慰謝料請求を行う際に、相手から被った損害についてしっかりと立証しなければなりません。例えば、不貞行為を示す上での証拠となる相手と浮気相手の画像や、やり取りの音声などが決定的な証拠となることがあります。逆を言えば、立証できなければ証拠不十分として慰謝料請求ができません。下記は、証拠不十分として立証できなかったケースです。

  • 不貞行為が行われる前から夫婦仲が破綻し別居していた
  • 性的関係を示す証拠がない
  • 浮気相手の自由意思で性的関係を結んだわけでない場合
  • お互いの素性(既婚者など)を知らずに関係を持った場合

まとめ

熱しやすく冷めやすいのは県民性?

いまだ、男尊女卑、亭主関白という考えが残っている鹿児島県。保守的で上下関係に厳しい体育会系のタイプが多いイメージです。男性は保守的と言いながら熱しやすく冷めやすい傾向があるそう。恋愛に刺激や変化を求めるので長続きしないという噂もあります。

男女ともに恋愛に対してもストレートでダイレクト、本気になると一直線な面があります。純粋な分、浮気にはまってしまうのが心配ですね。一方女性は一見控え目ながら芯は強いので、自分から積極的にアピールする場合もあるようですが、くれぐれも浮気には気を付けてもらいたいものですね。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop