慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 街コンでの被害は慰謝料請求できるの?トラブル体験談集
公開日: 2022/03/18
慰謝料ニュース
 公開日: 2022/03/18

街コンでの被害は慰謝料請求できるの?トラブル体験談集

街コントラブル1

街コンは今や都心を中心に、全国各地でほぼ毎日開催しています。参加したい意思があれば誰でも、当日でも、どこかしらの街コンに参加できちゃうというのだからすごい。

地域の活性化と男女の出会いの場として盛り上がりを見せているようですが、その反面でトラブルも起きているようです。街コンの知られざるトラブルについて解説しています。

街コントラブル相談窓口│目次

記事作成者
男女トラブル問題サポート
2022年3月18日 更新
男女問題解決の担当者が作成した街コン被害に関する情報を公開しております。 真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずです。あなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。

是非お役立てください。とが人生を取り戻す第一歩になるはずですあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

街コンに参加するメリット

街コントラブル4

街コンてどんなこと?

街コンは「出会い作りの場」「地域活性化」が融合したイベントとして全国各地に広がり若い参加者を中心に盛り上がりをみせています。多種多様な形態で開催され、出会いを求める人たちにとって有効活用しやすい場でもあります。

街コンに出会いを求める理由

街コンに参加する目的の多くは、異性との出会いを求めている人です。
街コンのいい所は合コンやお見合いパーティーのようにかしこまって出会いの席につく必要がない所ではないでしょうか。肩の力を抜いて気軽に楽しく参加できるのが特徴だといいます。

街コンに参加するメリット
  • 異性と出会える
  • 気軽に参加することができる
  • リーズナブルにお酒や食事を楽しめる
  • たくさんの人と効率的に出会える
  • その場限りの出会いを楽しめる

街コン詐欺の経験談

街コンが盛んになるにつれて、トラブルによる被害者の噂も聞くようになりました。実際に街コンでトラブルに遭遇した事例をご紹介します。

体目的だった!街コンで出会った最低男

街コントラブル その①
街コントラブル3

街コンで出会った男性と意気投合しました。結婚願望の話になると「俺も早く結婚したいんだよね」と彼は言いました。 もしかしたら運命の人かも…と感じました。ロマンチックなBARに場所を移すと、彼は結婚を前提に付き合いたいと口説いてきました。酔いが回っていたのと、彼の勢いに負けて肉体関係を結びました。その後も数回会い、そのたびに「結婚しよう」と言われ関係を持ちました。そんな矢先、彼のスマホから妻と子どもと一緒の家族写真らしき姿が見えました。問い詰めると彼はしらばっくれ、それ以降音信不通になりました。

もしかして結婚詐欺?彼女の行動に唖然

街コントラブル その②
街コントラブル2

街コンで出会った彼女とはデートやチャットをしたり幸せでした。ある日彼女が酷く落ち込んでいたので「何かあったの?」と聞くと祖母が入院中で危ないということでした。彼女は幼いとき両親を亡くし祖母は育ての親も同然だったそうです。手術費さえあれば助かるのに…と涙ぐむ彼女に私は費用分を渡しました。その後も入院費や治療費など総額50万円程貸しました。彼女を助けたいと思っていたからです。ところが突然メールで「もう会えない」と一方的に別れを告げられました。

街コン被害の調査レポート

街コントラブル5

トラブルを解決させるために必要なこと

街コンで上記のような被害に遭うことはごく稀ですが、既婚者が紛れ込んでいたり、性的欲求のために参加している人がいることは確かです。

運悪く質の悪い出会いをすると、事例のように、真剣に出会いを求めている心理を利用して性的関係を求めたり、金銭をだまし取ろうとする詐欺被害に遭うことも否定できません。

街コントラブル
事実を証明するための調査

既婚者かどうかの確認は、身辺調査で事実確認することが可能です。
金銭の搾取があった場合は、もう立派な恋愛詐欺、または結婚詐欺行為なので警察に被害届を提出しましょう。

ただし、警察は詐欺被害の実態を示す証拠がないと動いてくれないので、被害に遭ったことを示すための証拠が必要 になります。
詐欺行為が事実であったことを立証するための念入りな調査によって相手に罪を認めさせ慰謝料を請求することは可能です。

相手が既婚者だった場合について

もし相手が既婚者であるのにもかかわらず、独身と嘘をついて結婚を餌に肉体関係を迫ったのだとしたら、被害者は貞操権の侵害を受けたことになるので賠償請求できる可能性もでてきます。

ただし、既婚者だと知っていて肉体関係を持った場合、相手の妻の権利を脅かしたと見なされ、反対に慰謝料請求されてしまいます。

街コントラブルの実態

街コントラブル6

街コンでトラブルが発生する理由

日本全国のあらゆる街で毎週末のように開催されている街コンですが、参加したことがきっかけでトラブルに発展してしまう要因は何でしょうか。

それは街コンの特徴にも関係しているのかもしれません。
幅広い参加者中には、ただ異性とお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたいだけの人もいれば、本気で将来に向けた出会いを見つけたい人など様々な参加目的が入り混ざっています。

「本気な人」と「気軽な人」との温度差がある

参加しには、友達感覚で付き合える気軽な関係を求めている人が多く、結婚を考えて真剣に異性との交際を望んでいる人との間に温度差が生じ、トラブルになることも考えられます。
街コンに参加するのは比較的若い男女が多いせいかもしれません。。

いくらでも身分を偽ることができる

街コンには身分証の提示がいい加減だったり、厳重ではない所もあります。実際に参加しているのは素性の知れない相手ばかりと思ってもよいでしょう。
気楽に楽しめるメリットはありますが、身分を偽って気を引こうとする相手もいることを知っておきましょう。

ナンパ師のたまり場になっている

特に女性は街コンで不快な思いをさせられた人も少なくないようです。しつこく連絡先を聞かれたり、つきまとわれたり、無理に飲酒を勧められたり。
街コンの主催者側も、人件費などの経費削減のため手薄になったり、食事の質を落としたりするため、参加する側の意志に真剣さがなくなってしまうのかもしれません。

街コンの選び方

街コントラブル7

安心して参加できる街コン選び

職場やプライベートで異性との出会いが少なく、異性との交際経験が少ない男女が増えていることが、社会問題である少子化に拍車をかけていることは言うまでもないでしょう。

そのように考えると、街コンは結婚率を上げ、地域活性化にまで貢献してくれる貴重な出会いイベントといえるかもしれません。
実際に街コンで出会い結婚したカップルも存在しているのも確かです。街コンに参加するなら トラブルに遭わないためにも街コンの選び方が重要なのではないでしょうか。

価値観重視の趣味コンがおすすめ

同じ趣味の相手と出会える趣味コンという出会いイベントも各地で頻繁に開催されています。
こちらは動物好きが集まる猫カフェ開催の「ねこんかつ」や、お散歩・ボルダリング・ゴルフ等の体を動かす「スポーツ婚活」、など 好きなことを通じて知り合うことができるので一緒に楽しみたいという方に人気 だそうです。

また、価値観が似ている人と出会いたいというところが、街コンよりも参加する動機がはっきりします。 ただし、だからと言って油断は禁物です。下心を隠して偽っている参加者もいるかもしれませんからね。

失敗しない5つのポイント

街コントラブル8

街コンでトラブルに遭わないために

街コンで失敗しない5つの対処法をご紹介します。トラブルを事前に回避するためのポイントとあわせて押さえておけば、街コンについての不安の軽減につながるでしょう。 積極的に参加して楽しむためにお役立てください。

男女参加比率や参加費の極端な差がない

当日会場へ行ってみたら男女比率が極端に偏っていたりしないように、申し込む際に規約などをよく読んでおくようにしましょう。 また、あまりにも安価な参加料金の街コンは、下心のあるいい加減な参加者がいる可能性があるので、特に男性側の参加費が高めの街コンを選ぶと良いかもしれません。 高い参加費を払ってでも出会いが欲しいと考えているので、出会いに対する真剣度が高いと考えられます。

個人情報は気軽に教えない

いくらウマが合い、仲良くなれそうだと思っても、その日初対面の相手だということを忘れてはなりません。色々詮索されたら、さりげなく受け流しましょう。家族構成や最寄り駅、就業先の具体的情報も話さない方が無難です。その後も何度か会って信頼関係が生まれたら、お互いの事を話せる時が来ると思います。

気になる相手でも、初回の連絡先はLINE程度にしておく

街コンでは仲良くなると大概、連絡先の交換の話が出ると思いますが、電話番号やメールアドレスはその段階では教えない方がいいでしょう。LINEの機能でもその後十分連絡を取りあうことができます。 LINEなら、万が一相手を避けたいときブロック機能があるので当たり障りなく関係を断つことができます。

迷惑な人がいたら我慢せず、運営スタッフに相談する

運悪く、お目当てでもない相手から執拗なアピールを受ける、酔っ払いに絡まれる、待ち伏せされるなどの迷惑行為を受けることがあります。 こうなってしまうと、せっかくの街コンが出会いの場にならないどころか、不快な場になってしまいかねません。 参加者同士のトラブルに対し、運営スタッフがしっかり対処してくれる街コンを選びましょう。

トラブルに対し、運営スタッフがしっかり対処してくれる

実際に迷惑行為に遭い、もう二度と街コンには参加したくないという人もいるようです。 迷惑行為をした本人は言うまでもなく、主催者側にも落ち度があると思います。参加者が困っていないか、楽しんでいるかまで気を配れるような街コンならその心配もありませんよね。 申し込む際に運営側の所在地、連絡先がきちんと記載されている街コンを選ぶようにするとよいでしょう。

街コンの被害トラブル相談窓口

自分自身がしっかりしていれば大丈夫!

街コンは、参加する際に、その特色やリスクがあることも理解しておけば、安全に楽しめるイベントです。 もし、街コンで知り合った相手のことで悩んでいたり、トラブルに巻き込まれ自分では解決できないという方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

慰謝料請求専門調査窓口は、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。 あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

サービス依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。


記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop