慰謝料請求のご相談事例《神奈川県版》

Case/kanagawa

ホーム > 慰謝料ニュース > 慰謝料請求のご相談事例《神奈川県版》 > 温泉は愛人デートの王道!箱根高級旅館での証拠収集
公開日: 2021/12/13
慰謝料ニュース - 慰謝料請求のご相談事例《神奈川県版》
 公開日: 2021/12/13

温泉は愛人デートの王道!箱根高級旅館での証拠収集

不倫カップルや愛人とのデート先に選ばれやすい温泉。 都心の喧騒から離れ、山と海に囲まれた箱根温泉旅館には、そんな訳ありカップルがお忍びで訪れているようです。
高級旅館であればあるほど、個別対応やプライバシーを大事にしてくれるのでお金持ち男性が愛人との情事にふけるには最適な場所なのかもしれません。

目次│箱根温泉の不倫・浮気相談窓口

箱根温泉が愛人デートに向いているワケ

箱根愛人デート

気軽に癒されに行ける箱根

日本屈指の温泉リゾート箱根温泉は、国際的にも観光地として毎年多くの人が訪れています。コロナ前には中国人旅行客も大勢来ていました。

箱根には古くから温泉郷として親しまれている温泉旅館が多く、観光スポットの設備なども充実しているので国内旅行でもよく選ばれる人気のエリアです。

箱根温泉は、小田急ロマンスカーを利用すれば、都心から1時間ちょっとでアクセス可能です。時間がない多忙な人でも週末のちょっとした空き時間に、ふらっと行ってくることができるのも箱根温泉の魅力ですよね。

気軽に日帰り温泉や足湯を楽しんで、すっかり癒されて元気をチャージしてくることができます。

温泉旅館なら愛人同伴でも目立たない

温泉街は不倫の定番なんて言ったら怒られそうですが、実際に不倫旅行として温泉が選ばれるのも事実

高級旅館となれば露天風呂が各部屋についていたり、食事も自室に運ばれたりするものです。

つまり他の泊り客と顔を合わせる機会も少なく、プライバシーが守られているということになります。

愛人から「どこかへ連れて行って」と言われたとき、できれば目立ちたくない男性が「じゃあ箱根の高級旅館に連れて行ってやるよ」という流れになるのも不思議じゃないのかもしれません。

お忍びで人目を気にせず愛人との甘いひと時を堪能するには、ちょうどいいスポットなのでしょう。

箱根で愛人デートするならココ!<

箱根ならではの愛人デートの楽しみ方

やはり温泉という場所柄、ゆったり過ごすことが旅の目的という人に選ばれるので、賑わっているところを極力避けて二人きりで過ごしたいというカップルも多いでしょう。

ゆっくり温泉に浸かって部屋からの絶景を楽しみながら過ごすのも楽しみ方の一つです。
その一方では、せっかく箱根に来たのだから、人気スポットを巡ったり、温泉街を散策する不倫カップルもいます。

高級旅館を飛び出して箱根を満喫する

旅館を出て、温泉街で食べ歩きするのも楽しいですね。
箱根湯本駅付近では、たくさんのお土産店や飲食店があり、食べ歩きが楽しめます。

愛人に物をねだられたり、二人の旅の想い出におそろいの物を購入する不倫カップルの姿が街で見られるかもしれません。少し足を延ばせば、ミュージアム関連も充実しているので各所巡るのも面白そうです。

また、自然豊かな箱根は四季折々訪れてもいろんなものが楽しめます。春は桜、夏はアジサイ、秋は紅葉、そして冬は箱根から眺める富士山が絶景だそうです。

不倫カップルに好まれるデートスポット一覧

    箱根愛人デート

    不倫カップルが好みそうなデートスポットを以下に列挙します。

    • 箱根ロープウェイ・箱根ケーブルカー
    • 「ねえ、見て!あれ」なんて絶景スポットに興奮しながら、会話も弾みそうです!
    • 芦ノ湖
    • 箱根のシンボル的存在。遊覧船に乗って周辺の観光スポットによることもできます。
    • 大涌谷
    • 箱根ロープウェイロープウェイ途中駅の大涌谷で見ることができる、箱根の活火山です。
    • 彫刻の森美術館
    • 日本初の野外ミュージアムです。1日中のびのびとアートを鑑賞することができます。
    • 箱根登山鉄道
    • 小田原駅から早雲山駅までをつなぐ鉄道で、観光の要所に駅があります。
    • 箱根パターゴルフ
    • 本格的な9ホールのコースを二人のペースで回ることができます。
    • ガラスアート体験工房
    • 誰でも気軽に体験できるガラスの体験工房です。二人の箱根の旅の想い出にと寄っていくカップルも多いそう。

浮気・不倫調査の依頼事例

いい歳してまさか…?不倫はないだろうと思うけど不安でたまらない

箱根温泉周辺での不倫調査の実例を紹介します。

女性
ご依頼者様: 52才/女性 主婦
ご依頼内容: 結婚前調査
ご依頼理由:

夫が会社の部下の女性と、頻繁に個人的に連絡を取り合っているのは前から知っていました。

一度私が冗談ぽく「浮気でもしているの?」と聞いたら夫はたいそう激怒し「根拠のない言いがかりをつけるんじゃない!」と怒鳴られ、それからは余計な詮索をしないようにしてきました。

子どもが自立したのをきっかけに、夫とは離婚を考えています。浮気の証拠を掴んで慰謝料をもらい離婚したいと思っていますが、自力での証拠収集は現在まで失敗に終わってきました。

専門家の方に慰謝料請求が認められる有力な証拠意を掴んでいただきたいです。
調査レポート:

奥様からの連絡でご主人を追跡。結果的には、出張に行くと言って愛人と箱根でデートしていると仰っていた奥様の証言通りでした。

御主人は箱根でも有名な高級旅館に会社の部下の女性と宿泊していました。日中も堂々と箱根の街をぶらついて、甘い二人だけの世界を堪能しているかの様子でした。

2泊とも同じ高級旅館に愛人と宿泊しており、二人で出入りしているところを不貞の証拠としてカメラに収めることができました。ご依頼者は冷静に調査結果報告を受け取めていらっしゃいました。後日、証拠を突き付けたところ協議離婚で慰謝料の支払いを認めたということです。

浮気・不倫調査の役割と目的

浮気調査の目的

浮気調査とは調査対象者が本当に浮気、不倫をしているのかどうか真実を追求するための調査です。

確実に浮気の証拠を取るためには、いつでも現場を押さえられるように、尾行・張り込み聞き込みをしながら調べる必要があります。調査には、対象者の行動を把握することが基本です。

  • 浮気相手の素性調査
  • パートナーの素行調査
  • (普段の様子・行きつけの場所など)
  • 浮気の有無
  • (写真・動画・音声で証拠をおさえることも可能)

被害者には立証責任がある

慰謝料請求するにあたって、被害者である請求する側は立証責任を果たす義務があります。
不貞行為とは配偶者とは別の相手との肉体関係およぶということを意味します。

夫婦の平穏な家庭生活が破たんに追い込まれたのは、パートナーの不貞行為が原因であること、それから不貞行為が事実であることを証明することで立証責任を果たし、慰謝料が認められるのです。

離婚したくない場合も浮気調査は必要

パートナーとの関係修復を望む場合、不倫相手との関係を完全に終わらせる必要があります。

そのためにも、不倫相手から慰謝料を取ることは、2度と不貞行為しないことを約束させ、抑止効果を発揮します。

真実を知らなければ何も変わらない

慰謝料を請求する方法は?

慰謝料請求の流れ

「証拠を集める」

不貞行為の事実を立証できるだけの決定的な証拠を見つけることが重要

「専門家に相談する」

証拠を収集するには調査の専門家に相談する方が有効的

「相手と話し合う」

決定的な証拠を揃えたうえで、今後についてパートナーと話し合いの場を持つ

不倫・浮気を証明するための証拠収集

いざというときに役立つ証拠

相手の浮気によって、自分がどれだけの被害を被り苦痛を味わっているかを明確に伝えることは大切ですが、「論より証拠」といわれるように浮気を立証するための証拠が必要になります。

それらが認められた上で、相手による不貞行為などの事実を証拠として挙げることができ、慰謝料が認められる可能性が大きくなります。重要な証拠となる代表的なものが下記に挙げられます。

浮気の重要な証拠とされやすいもの
  • 写真や動画(不貞行為していることが分かるもの)
  • メールやLINE・SNSの内容
  • ラブホテルの宿泊代などの領収書
効力のある証拠とは

不貞行為を証明するには、浮気相手との間に肉体関係があったことを示すものでなければ、効力のある証拠と認められません。また、証拠がそろっていても浮気以前に夫婦仲が破綻、別居していたなどの場合は不貞行為による慰謝料請求が認められない場合もあります。

「裁判」や「調停」でも認められる調査報告書

慰謝料請求の相談窓口

いつでも無料でご相談いただけます

慰謝料請求専門調査窓口の相談室をご紹介します。
不倫・浮気調査のときに利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室でご利用になれます。

また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。不倫・浮気調査のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

ご相談は最善の解決策が見つかるまで、何度でも無料です。
調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してください。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop