結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート

Marriage Fraud Damage Claim – report

ホーム > 結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 > 結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート > 婚約者に6股をかけられていた!婚約破棄して貸したお金を取り戻したい
公開日: 2022/03/23 最終更新日: 2022/03/25
結婚詐欺による慰謝料請求関連記事 - 結婚詐欺による慰謝料請求調査レポート
 公開日: 2022/03/23 最終更新日: 2022/03/25

婚約者に6股をかけられていた!婚約破棄して貸したお金を取り戻したい

婚約破棄の慰謝料請求3婚約相手のまさかの浮気発覚…だけでは終わらなかった!
更に何人もの女性と関係している疑惑が浮上、 婚約破棄して慰謝料請求することはできるのでしょうか。

また貸したお金は返してもらえるのでしょうか?問題てんこ盛りの婚約破棄のについて解説しています。

目次|婚約破棄の慰謝料請求

記事作成者
男女間トラブルサポート
022年3月23日 
男女間トラブル解決の担当者が作成した婚約解消の慰謝料に関する情報を公開しております。当事務所では男女問題に関する、多様な相談や調査依頼の経験を積んできた調査員たちが多数の問題を解決してきました。
調査を行なうことで隠されていた真実を知り、前に進むことに大きな意義があります。あなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。

婚約者の浮気許せますか?

婚約破棄の慰謝料請求4

浮気という大きな裏切り

婚約者の浮気という裏切り行為は決して許されることではありません。婚約関係であること以前に、信頼しきっていた大好きな相手が浮気していた事実は誰とってもショックで受け入れがたいものです。

裏切った相手と何十年も同じ屋根の下で生活を共にすることを考えると、結婚を考え直す人がいるのは当然です。

婚姻している夫婦のように法的に拘束する権利はありませんが、婚約解消することで相手が不利益を被ることに変わりありません。

浮気が原因で婚約破棄するメリットとデメリット

婚約破棄のリスクは婚約しているカップルの数だけ、さまざまなケースがあると思います。

2人の関係性や結婚への進行状況に応じて違いがありますが、共通していることは下記のようなことです。

婚約破棄するメリット
 
  • 今後浮気されるかもしれない不安から解放される
  • リセットして他の結婚相手を見つけられる
  • 相手の不貞が認められた場合、慰謝料を取れる
 
 
婚約破棄するデメリット
 
  • 相手が浮気を認めないとき揉める可能性がある
  • 婚約破棄すること職場など世間体が気になる
  • 事実確認するのに時間と費用が掛かったり、労力が要る
 

婚約解消の相談事例

まさか?!6股していた婚約者に慰謝料請求したい

婚約していた相手に浮気されていたの、婚約破棄することに決めましたが相手は納得してくれず、貸したお金も返ってくる見込みがないと相談にいらっしゃいました。
婚約破棄トラブルの事例
付き合って3年、婚約している相手がいます。式に向けて少しずつ準備を始めていたところ、携帯に彼の浮気相手と名乗る女性から「自分が彼と結婚するから別れてほしい」と電話がありました。婚約者にそのことを話しましたが、しらばっくれてばかり。彼の目を盗んでスマホを見たら、浮気の疑いのある人物が他になんと5人もいました。まだ疑いの段階ですし婚約者も不貞の事実を認めていませんが、もう彼のことを信じることができません。
婚約破棄と慰謝料を請求を考えています。また、これまで彼には20万円ほど貸しているので婚約破棄する際に返してもらいたいです。

浮気は婚約破棄の正当な理由になる?

婚約破棄の慰謝料請求3

浮気に事実が不貞行為と認められたら

浮気は不貞行為なので、事実であることが確認できれ婚約を解消する正当な理由になります。 反して婚約破棄できない可能性が高いのは以下のような、一方的な都合上の理由になります。
  • 性格の不一致
  • 家族の反対された
  • 他に好きな人ができた

貸したお金が戻ってくる可能性

なぜお金を貸してしまうのか

婚約関係は結婚が前提のお付き合いなので、相手を信用していただけに「どうせ結婚するんだから…」と、お金を貸してしまったというのはよく起きることです。しかし後々別れるとき金銭トラブルが起こるのも、よく耳にします。

相談事例の女性のケースでは、デートのたびに婚約者が「「今持ち合わせがないから…」「今月ちょっとやばい」などと言い訳して立て替える形で自分に支払いをさせていたといいます。

借用書なしで証明するのは難しい

事例のように婚約者という間柄での金銭のやり取りは、後で返金を求めても応じてもらえない場合に解決が難しくなります。
借用書もないうえに「いつ誰に貸したのか」、何も記録がないからです。

恋人関係の男女間で贈与(あげた)だったのか、貸したものだったのかが曖昧な金銭のやり取りは、借金として第三者に証明することは不可能に近いので、浮気被害を証明して慰謝料としてもらう考えに切り替えるべきかもしれません。

婚約破棄の慰謝料請求5

お金を貸す際に気を付けておくべきこと

婚約関係であっても、お金を貸す際は必ず借用書や念書を書いてもらうようにしましょう。
「金額」「日付」「署名」までしっかり入れてもらいます。それを渋るような相手は後々お金を返す気がない可能性があります。

  • 借用書、念書など一筆書いてもらう
  • お金のやり取りを証明するため振り込みにする
  • 内容証明郵便で請求することで公的に記録を残す

婚約破棄で慰謝料を請求できる?

婚約していること自体否定されることも

相手の不貞行為が原因で婚約破棄する際、慰謝料を請求することができます。ただし、相手が言い逃れして婚約破棄、または慰謝料請求に応じない可能性はあります。

酷いケースだと、「そもそも婚約もしていない」など開き直る人もいます。そのような場合、慰謝料請求は難しくなります。

婚約破棄の事実と不貞行為を証明する

相手が慰謝料の支払いから逃げるために、不貞の事実を認めないうえ、婚約している事実すら認めない場合、婚約破棄と慰謝料を請求する側は事実であると立証する義務が生じます。

そのためには「不貞の証拠」「婚約が事実である証拠」の2つの証拠を揃えることが重要になります。

婚約破棄と慰謝料請求のためにすべきこと

立証するためにできることをする

婚約者の不貞行為は婚約破棄の正当な理由になりますから慰謝料も発生します。
婚約関係に関しては相手が否定しても、親や友人への紹介、婚約指輪や式場の予約などがいくつか証拠として挙げることで証明することができます。

慰謝料請求するため立証できるかどうかは、証拠の有無にも左右されます。

立証するための証拠集め
  • 周りから情報提供してもらう
  • 自分の日記や画像など証拠を探す
  • 専門家に調査してもらう

婚約破棄の慰謝料請求相談窓口

当事務所には調査の専門家がいます

婚約者の浮気に傷つき、婚約破棄に心を痛めている方、
婚約破棄と慰謝料の支払いに応じてもらえず、解決方法が分からないという方、

慰謝料請求専門窓口は、夫婦の離婚問題をはじめ、多様な慰謝料トラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。
調査の専門家が決定的な証拠を集めます。 あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop