慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 経済的虐待―あなたの財産が奪われ搾取される前に―
公開日: 2021/04/06
慰謝料ニュース
 公開日: 2021/04/06

経済的虐待―あなたの財産が奪われ搾取される前に―

「モラハラ」という言葉をご存じでしょうか?近年、メディアで騒がれていることもあり、知っている人も多いとは思います。この「モラハラ」は夫婦間での離婚理由としても認められてきています。平成30年度に行なわれた司法統計における離婚原因トップは、「1位:性格の不一致」「2位:精神的な虐待する、暴言など」「3位:相手の不貞、浮気」となっており、第2位に「モラハラ」が入っています。このモラハラの中には「経済的虐待(金銭的虐待)」も含まれています。

身近にある経済的虐待│目次

経済的虐待について

経済的虐待とは

経済的虐待は金銭的虐待ともいい、他者の財産を許可なく処分・搾取をしたりして経済的に苦痛をあたえる虐待法になります。この経済的虐待は他の虐待に比べ家庭内で起こるため、秘匿性が高く、本人も「これが普通」と思いこんでしまうと、表に出ずに苦しいまま生活をすることになります。「今の状態が普通なのか」「自分だけが我慢しているのではないか」一度冷静に考えるのがいいでしょう。

経済的虐待に分類される行為

では、実際にどのようなことが経済的虐待といわれているのか、みていきましょう。

  • 日常生活に必要な金銭を渡されていない
  • 家族が病気なのに「費用がかかるから」と治療に行かせてもらえない
  • 子供の学費や養育費を払わず、子供の貯金を使い込んでいる
  • 認知症の親の年金を遊興費や生活費に使っている
  • 新しく買ったものに対してすべて値段を尋ねてくる

これらが「経済的虐待」といわれるものです。全てに共通することは、本人の同意なしに(あるいは騙して)財産や年金、賃金を勝手に使ったり、理由なく制限し渡さないことです。また、加害者側の行動や言動にその意図がなくとも相手がそう感じたのであれば経済的虐待になる可能性があります。

経済的虐待は離婚理由になる?

配偶者の自由を奪い支配する行為

民法770条で定められた離婚が認められる原因には、次のものがあります。

  • 配偶者による不貞行為があったとき
  • 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • 配偶者が強度の精神病にかかって回復する見込みがないとき
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

この中の「配偶者から悪意で遺棄されたとき」には、配偶者が支払い能力があるのに生活費を払わないケースなどが該当し、「配偶者が強度の精神病にかかって回復する見込みがないとき」は経済的虐待が原因で、精神の病を患った場合などが裁判で認められています。

また「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」で経済的虐待を理由に挙げる夫婦も増えてきています。

経済的虐待体験レポート

毎日が経済的虐待

経済的虐待は無意識のうちに行なわれている可能性があります。今回のご依頼者も無意識化で行なわれ、悪化するまで気づかなかったとおっしゃっていました。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 主婦
ご依頼内容: 虐待立証調査
ご依頼内容: 夫の経済的虐待で悩んでいます。結婚7年目なのですが、結婚当初、「家計に関してはすべて任せるから」と言われ通帳などをすべて渡してくれました。それはよかったのですが、何か新しいものを買うたびに「それ新しく買ったの?いくら?」と聞いて来たり、友人とごはんに行くと「今日のランチいくらだったの?」と聞かれたり、一緒にご飯に行くと「ここは奢るけど1000円までにしてね」と言われたり無意識なのかもしれないですが毎回金額のことを言われます。友人に相談しても、「経済感覚がしっかりしてていいじゃん」「気にしてくれてるってことだよ」と言われわからなくなってしまいました。毎回聞かれるため、物欲もなくなり、夫の行動や言動にびくびくする毎日です。怯える毎日を終わらせたいと思い、これが経済的虐待に入るのか、入ったとしてどこに相談すればいいのかなど、色々サポートしていただきたいと思います。よろしくお願いします。
調査レポート 経済的虐待は知らないうちに始まっています。今回のご依頼では、私たちはフォローにまわる形で調査を行ないました。ご依頼者の自宅を見せてもらい、「どのような会話がされているのか」「暴力などの心配はないのか」の確認のため、ご依頼者の手でカメラなどを設置していただき、旦那様につっこみどころをあたえるためにご依頼者に新しい物を買っていただきました。その日の夜に外からご依頼者宅を張り込みし、会話の録音と様子を伺い経済的虐待以外の行為がないか確認しました。結果として、会話内で経済的虐待と思われる言葉がいくつか確認され、別日に2度同じように調査を行ないましたが同じ結果でした。そのことをご依頼者に話し、「これ以上は一緒にいたくない」とのことで弁護士を紹介し、今回の依頼は終了しました。その後、弊社の証拠を元に慰謝料請求し、無事に支払われたとのことでした。

経済的虐待の証拠にはなにが必要?

家族の資産を略取した場合、警察や行政が入ることも!

祖父母の年金や給付金を自分のものにすることも「経済的虐待」として社会的な問題になってきています。探偵事務所では、下記のような「経済的虐待」の証拠を集め、離婚裁判などで「証拠」として提出することが可能です。

  • 尾行による行動調査記録(仕事の有無や収入)
  • 隠しカメラの設置、証拠動画の編集
  • 銀行口座の出金記録や資産の隠し場所特定
  • 金銭の使い道(キャバクラなどの交遊費など)を記録した写真、動画
  • 銀行口座の出金記録や資産の隠し場所特定

経済的虐待で離婚を考えている方へ

経済的虐待は、証拠として残りにくく証明しにくいものになります。1人で頑張ろうとしても「そもそも何をすればいいのかわからない」「録音はできたがどうしたらいいのかわからない」「相手と直接話す勇気がない」など不安なことはたくさんあると思います。そのときに我々を活用ください。これまでの経験、知識を駆使し、お手伝いします。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、経済的虐待について相談することから始めましょう。

経済的虐待相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、経済的虐待に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop