不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 即日連絡で浮気調査できた方が証拠取得の成功率は高い?
公開日: 2021/08/28 最終更新日: 2021/08/31
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2021/08/28 最終更新日: 2021/08/31

即日連絡で浮気調査できた方が証拠取得の成功率は高い?

浮気の事実をこっそり調べたいとき、探偵の浮気調査をお勧めします。調査を依頼する以前に知っておいた方がよいこと、やっておくべきことなどを解説いたします。

離婚前、離婚後、慰謝料請求なんでも相談室

目次│浮気調査相談窓口

浮気していることが分かったら取るべき行動

浮気を認めさせる

もしかして浮気かな…と疑っている段階で、あなたが取るべき行動は何だと思いますか?
もちろん、お相手にも状況にもよることですが、浮気の事実をクリアにするためには、相手に自分のしたこと、つまり浮気や不倫を認めさせることが重要です。

やってはいけない5つの行動

浮気を認めさせたいあまりに、ついやってしまいがちな行動があります。行動を誤るとパートナーがよけいに浮気をしたことを認めようとしなくなってしまうので気を付けたいですね。

  • パートナーを感情的に責めたり問い詰めたりする
  • 浮気相手に嫌がらせする
  • 何も根拠がないのに話し合いする
  • パートナーや浮気相手を盗聴したり盗撮する
  • 自責の念に駆られる
被害者である自覚をもって

特にやっていけないのは、浮気の証拠を掴みたい一心で不倫相手の部屋を盗聴したり盗撮する行為です。
もし見つかると、相手からプライバシーの侵害及び、不法侵入などの罪で訴えられかねません。被害者である自分が加害者にならないように気を付けましょう。

また、自分を責めすぎると精神的に病んでしまい、正しい判断ができなくなります。悪いのは不貞行為をしたパートナーと不倫相手です。



浮気の事実を証明するには?

浮気の証拠を掴む方法

浮気の証拠を掴む方法として、自力で証拠を見つけ出し証明するやり方と専門家の力を借りる方法とがあります。
探偵や調査会社に証拠探しを依頼するのは、ちょっと大げさかなとか、敷居が高いと気にされる方は、まずは自力で証拠を探すことを選択すると思います。

自分で解決できるケース

実際には、専門家やプロの力を借りなくても、自力で浮気の証拠を見つけ出したという人も多くいます。
例えばパートナーがあまり警戒心がないタイプなら、入浴中などにスマホをのぞいたり財布の中のレシートをチェックして証拠を探すことはそれほど難しくはないでしょう。

証明できる証拠なのかが重要

しかしここで重要になってくるのは、自力で押さえたことが証拠と認められるかどうかです。つまり 不貞行為の証拠として法的に立証できるのかどうか。

これは、不貞行為が原因の離婚や慰謝料の請求などにも大きく影響します。せっかく頑張って収集したにの、後に調停や裁判で、証拠として不十分と言われてしまうのはとても残念です。

効力のある証拠とない証拠とは

有効な証拠を集めることが肝心

不貞行為の事実を証明する証拠としては,メールや写真,動画,浮気・不倫を自白した録音,ホテルのレシートなど、さまざまなものが考えられます。

証拠となるもの

浮気相手と継続して肉体関係があったと判断できるものに限ります。不倫相手が特定できないものについては、他の証拠との併用が望まれます。

  • ホテルや自宅に出入りする写真や動画
  • 一緒に行った旅行先での写真や動画(複数回の不貞行為がわかるもの)
  • ラブホテルの領収書(日付が画像と一致しているもの)
  • メールやSNSなどの内容(複数回のの不貞行為をしたことがわかるもの)
証拠とならないもの

親しい関係だとわかっていても、一回以上の肉体関係を証明するものでなければ効力のある証拠とはなりません。証拠としては不十分です。

  • SNSやメールの親密なやり取り
  • デートしている時の写真や動画、
  • お互いの自宅を一度だけ訪問した際の写真

探偵の調査が必要な理由

悩み相談から始まるサポート

探偵に依頼する多くの方は、まずは相談したいという方がほとんどです。
「自分なりに情報を集めてみたけど証拠として有効なのか分からない」、「パートナーとの関係修復が目的なので、不貞行為を認めさせて不倫を辞めさせたい」など、さまざまな問題を解決へ導くための調査をご要望に併せてご提案していきます。

証拠探しはリスクを伴う

浮気をするような人間はバレることを一番恐れているため、そう簡単にはボロを出しません。また、相手の行動を監視したり、持ち物をこっそりチェックすることは実際はとても困難でリスクが高いことです。

仮に見つかった場合、パートナーが怒って、ますます離れていったり、証拠そのものを隠ぺいしてしまうかもしれません。その点において、探偵は調査のプロなので確実な証拠を掴んでくれます。

調査の専門家なら安心

探偵社はご依頼者が欲している情報を秘密裏に収集し、報告する機関です。調査方法としては、張り込みや尾行などによる行動や素行を調べたり、聞込みで情報を収集するやり方です。
また、不貞行為を立証するためには、どんな証拠が有効か、取るべき行動の助言や幅広いサポートが受けられます。

即日連絡で浮気調査するメリット

即日連絡なら証拠取得の成功率が高い

浮気はリアルタイムでの調査が解決の近道です。実際に、ご依頼者が「本日帰りが遅くなると連絡がきましたが動けますか?」となったとき、すぐに勤務先で張り込みを開始しないと行く場所がわからない状況では、証拠収集が難しいでしょう。

ご依頼を受ける探偵社からしても、今浮気しているチャンスをものにできないのはもったいないと感じるものです。

リアルタイムは証拠の宝庫

現在進行形で浮気している場合、同時に調査を進めることで証拠が掴みやすくなります。浮気はナマモノなので、いつ起きるか、終わるか分からず、形成は変化しています。

浮気を確信したら、即日連絡で証拠取得の成功率は高いのは、そのような事情があるからです。ただし即日だからと準備や計画性が不十分にならないよう、下調べ調査に移ります。

即日対応のデメリット

調査はスピードだけ求めると失敗することもあります。

調査の質が落ちたり、準備不足・計画不足が原因でかえって有力な証拠が取れないということもあります。
浮気現場を撮るため超スピーディーに駆けつけたところで、結果的に証拠を抑えられるかどうかは定かではないのです。

即日連絡するときの重要点

即日で依頼するときは事前準備が大事

探偵に浮気調査を即日連絡したいときは、スムーズに調査を始められるように、その前に打ち合わせしたりなど事前準備が必要です。それによって調査の効率もぐっと上がり、費用がかなり抑えられます。

できるだけピンポイントで調査しなければ多大な費用がかかるため、チャンスを逃さないことがとても重要です。
打ち合わせの段階で、探偵に予め確認しておくべきことが主に下記になります。

探偵に確認しておくべき5つのこと
  • 調査対象の写真などを準備しておく
  • 調査日数や予算を決めておく
  • 調査対象の行動スケジュールを把握しておく
  • 心当たりのありそうな情報を提供しておく
  • 浮気する日や時刻、タイミングなど

浮気するそのときを狙う秘策

前に触れた通り、浮気はリアルタイムが勝負です。たとえば不貞行為の決定的な証拠と言われる、ラブホテルに入る場面と出る場面をカメラに収めるには、リアルタイムで動くことが成功のカギになります。

よって即日の調査依頼に対応できるか否かというのは、その一瞬を、証拠としてモノにできるかどうかにかかってきます。

即日で浮気調査をお願いする場合

事前に調査に役立つ情報を探偵側に伝えておくことをお勧めします。それによって職場の出入り口や、行きつけの店、移動手段などを把握しておけば、ある程度絞られてくるので、調査がスムーズに進み、費用押さえられます。

また、不倫している夫が、今夜は遅くなると言って家を出て行ったときなど、重要なタイミングを狙うことで証拠収得の成功率がアップします。

まとめ

しっかり相談したうえでの即日連絡を

即日、調査依頼の連絡をすることは、浮気の有力な証拠が得られやす不貞行為を立証するためには重要なポイントになります。
ただし連絡の前には必ず、前もってどこの探偵社のどんな担当者が調査してくれるのか顔を合わせてしっかり確認し、じっくり計画を立て下準備をしたうえで調査を依頼するようにしましょう。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop