慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 探偵の浮気調査はどこまでサポートしてくれる?調査範囲とアフターフォローについて
公開日: 2021/06/14 最終更新日: 2021/09/29
慰謝料ニュース
 公開日: 2021/06/14 最終更新日: 2021/09/29

探偵の浮気調査はどこまでサポートしてくれる?調査範囲とアフターフォローについて

離婚前、離婚後、慰謝料請求なんでも相談室

探偵に浮気調査を依頼する人の多くが初めてでしょうし、人生でそう何度も経験することはないのでご不安もあるかと思います。今回は、探偵が行なう浮気調査の範囲や、サポート内容などを解説いたします。

目次│浮気調査相談

探偵の役割

探偵は法に基づいた調査をすることができる

日本には探偵業法という法律があります。
探偵業法で定められた範囲内で活動しており、法に触れることは依頼できません。

探偵は、依頼を受けたうえで、調査の一環として聞込み、尾行、張込みを行うことが探偵業法で認められています。

浮気したのに罪に問われない?

浮気の事実を相手に認めさせたい場合、誰もが不貞の証拠を見つけようとするでしょう。確たる証拠がなければ、相手は言い逃れしますし裁判にまで発展した際、証拠不十分とされてしまいます。言い方を変えれば証拠がなければ、浮気はなかったことにされてしまうわけです。

証拠収集をプロに任せた方がいい理由

自分で証拠を掴むことは、決して容易なことではありません。警戒心の強いパートナーであれば、時間や労力をかけて探しても、証拠が得られないことだって考えられます。

浮気の被害者である本人が証拠収集することは精神的にも厳しく、顔がバレている状況で尾行するのは困難です。仮に尾行できても証拠を撮影することまで考えると、証拠収集の専門家に任せた方がよいと判断します。

浮気調査ってどんなことをするの?

浮気調査の3つの方法

探偵が浮気調査を行うときには、主にこの3つの方法で進めてきます。方法としてはシンプルですが、実際に行うとなるとノウハウやテクニックが必要です。

  • 聞き込み
  • 尾行
  • 張り込み
いつどこで誰が誰と何をしたのか

浮気調査とは調査対象者が本当に浮気、不倫をしているのかどうか、真実を追求するための調査です。また浮気の証拠を取るため、いつでも現場を押さえられるように、尾行・張り込みや聞き込みをしながら調べていくものです。

調査には、対象者の行動を把握することが基本です。「いつ」「どこで」「誰が」「誰と」「何をしたのか」を徹底して調べていきます。

探偵の浮気調査でどこまでできるのか?

調査でできること

次は探偵がどこまで調査できるのかを、具体的に見てみましょう。
探偵は尾行を認められているため、パートナーが会った相手を尾行してどこの誰かを突き止めることが可能です。そして、聞き込みや張り込み、尾行でパートナーがよく行く場所や普段の様子を調査もできます。

探偵の調査内容

例えば婚姻関係にあるパートナーの浮気に対する証探偵が調べることとして代表的なのが以下のことが挙げられます。

  • 浮気相手の素性調査
  • パートナーの素行調査(普段の様子・行きつけの場所など)
  • 浮気の有無(写真・動画・音声で証拠をおさえることも可能)

探偵のできないこと

探偵は、違法行為や対象者が不利益を被る可能性がある調査をすることができません。具体的には、以下のようなことを探偵に依頼することはできません。

  • 出身地・国籍・宗教など差別につながる調査
  • すべての違法行為
  • ストーカーなど迷惑行為に加担する調査
  • 特定の人物を退職させる工作
  • 恨みを晴らすような後塵を攻撃する行為
探偵にも他人のプライバシーを探るには限界がある

パートナーと別居している場合、別居中の自宅に侵入して様子を探ることはできません。これはパートナーの会社であっても同様です。なぜかというと、探偵が別居中のパートナーの自宅や会社に侵入することは、住居侵入罪や建造物侵入罪にあたるからです。

また、パートナーのスマホをロック解除して中身を見たり、LINEのメッセージを見たりすることは、プライバシー侵害や不正アクセス禁止法に触れる可能性があります。

プロだからこそ違法行為はできない

証拠集めにための調査なら探偵の右に出る者はいません。ただし、探偵であっても調査のために法を犯したり、プライバシーの侵害などすることは許されません。調査のプロであり、誇りをもって仕事をしている探偵なら、まずしないでしょう。

探偵による浮気調査の報告書の中身は?

報告書があなたを守ってくれる

探偵に依頼すると、調査終了時に、それまでの調査内容をまとめた報告書を受け取ることができます。

浮気が疑わしい段階で依頼した方にとっては、目を背けたくなるような現実を突き付けられる場合もありますが、浮気調査の報告書は、浮気についての有力な証拠として、ご依頼者の立場を守ってくれます。

報告書の内容とは

浮気調査の報告書には、基本的には以下の情報が記載されます。

  • 調査についての基本情報(調査対象者、調査日時、調査開始場所)
  • 調査対象者の行動記録
  • 不貞(肉体関係)を証明する写真、動画など
  • 浮気相手の素性(氏名、住所、勤務先など)
不貞行為を確実に証明するもの

ホテルを利用したことが分かるレシートやカードの履歴、メールの履歴では、本当にその浮気相手と利用したのか証明するには不十分と言えるでしょう。

浮気相手と一緒にホテルに入った写真と、出たときの写真が必要です。そういった写真がきちんと報告書に載っているかどうかが重要です。探偵事務所によっては、報告書と一緒に実際の写真や動画データをもらえます。

特別な関係であることを示すもの

また、調書には浮気相手と会ったかどうかだけでなく、2人でいるときの行動が分単位で細かく記載されています。
たとえば、何時何分にどこで待ち合わせ、どこのカフェやレストランに入ったのかということです。そして、笑顔で会話をしたり手をつないだりといった、2人がどのような様子だったのか書かれています。

裁判や慰謝料請求にも役に立つ

離婚や慰謝料請求となると、裁判まで発展する可能性がありますが、探偵の作成した調査報告書は裁判にも提出可能です。

それだけ詳細に具体的に記されているからこそ、重要な参考資料として裁判で使えるのです。これから先に離婚調停や慰謝料請求する可能性も見据え、調査報告書を持っておくのがおすすめです。

慰謝料請求と浮気調査

慰謝料請求に成功する浮気調査

誰もかれもがパートナーの浮気にたいして慰謝料請求するわけではありませんし、探偵に浮気調査を依頼するわけではありません。

けれども、パートナーが浮気していたことをはっきりさせたいのに証明できなかったり、浮気が本当なら離婚して慰謝料請求したいという方にとっては、探偵の浮気調査が必要かもしれません。

なぜなら、事実を証明するためには決定的な証拠あるのみであり、探偵は証拠収集の専門家だからです。

さまざまな形での慰謝料請求を検討する

慰謝料を請求するには、パートナーの不貞の事実を証明する証拠が重要となります。不貞を表すのに有力な証拠が見つかれば、相手も言い逃れできず不貞を認めざるを得ない状況に追い込まれます。

また裁判でも慰謝料請求が認められ、有利な条件での判決がつきます。夫婦関係を修復する場合でも、浮気相手から慰謝料を請求するとき同じことが言えます。

アフターフォローはどこまでしてくれるの?

浮気調査以外の探偵のサポート

依頼すると決める前に、探偵にご自身の心境を含め、被害状況など説明すると思います。誰かに悩みを聞いてもらうということはとても重要です。

うちにため込んでも悩みは解決しないばかりか、浮気の被害について何度も反芻してメンタルをやられてしまいかねません。かと言って、すぐに誰かに打ち明けられるような話ではないと思います。

個々の状況や心境に対応したサービス

自分のことを知らない専門家にだからこそ、被害者としての心境を赤裸々に語ることができるのではないでしょうか。
当社では、個別にカウンセリングも対応しております。調査中も経緯についてお伝えしたり、ご依頼者の心境の変化などに寄り添ってサポートしています。

人格がそれぞれに異なるように要望も状況もさまざまです。 個別に最適な解決法を見出すことができるのが探偵なのです。

調査後のアフターフォロー

ご依頼者にとって、探偵に浮気調査を依頼することは、あくまでも手段に過ぎません。肝心なのはその後、 平穏な暮らしを取り戻すことです。

また、その後については、ご依頼者ごとにさまざまな選択を検討することになるでしょう。調査結果が出た後の行動予定が明確な方もいれば、どうしようか決めかねている方もいると思います。

安心感が得られるまでが解決

他社では、証拠と報告書をお渡しした時点でサービス終了となるところ、慰謝料請求専門調査窓口では慰謝料請求後も必要性に応じて、ご依頼者の生活やご家族の安心など満足して頂くまでが解決として対応しております。

慰謝料請求後も、ご依頼者の必要性に応じてアフターカウンセリングによるメンタルケアやアドバイスまでお気持ちの上でも解決に導けるよう伴走いたします。

二度と深刻な状況にならないために

二次被害の事態を回避するようにしますが、もし相手側が行動を起こしてくるようでしたら、何度でもご相談に乗り対処法のアドバイスいたします。ご依頼者が、心から安心して再スタートできるように、最後まで全力でサポートいたします。

まとめ

調査依頼が解決への道になる

探偵による浮気調査がいかなるものか、依頼できること、できないことなど、お分かりになりましたでしょうか?
慰謝料請求専門調査窓口では、一日も早い解決のために経験豊富な専門調査員たちが日々調査に奮闘しています。

浮気調査を依頼するか決まっていなくても、ひとりで悩まず無料相談を活用してみてはいかがでしょうか。誰かに話すだけでも、パートナーの浮気で不安な気持ちが和らぎますよ。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop