不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 浮気の疑ったらするべき5つのこと│浮気調査の依頼するときの注意点
公開日: 2022/02/16
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2022/02/16

浮気の疑ったらするべき5つのこと│浮気調査の依頼するときの注意点

探偵選びの注意点3

浮気への疑惑を晴らしたいけど、本人に直接確かめるのが恐い…不安でたまらない。その心配はどこからくるのでしょう。

それは今現在、まだ浮気の決定的な証拠が掴めていないからではないでしょうか。
浮気を疑ったらするべきことや証拠を掴むためにできることを解説します。

目次│浮気・不倫の相談窓口

相談者
男女トラブルサポート
2022年2月16日 更新
夫婦問題解決の担当者が書いた浮気・不倫に関する情報を公開しております。当事務所では男女にまつわる、さまざまな相談や調査の経験を積んできた専門調査員たちが数えきれないほどの問題・トラブルに対応、解決してきました。

独自のノウハウを駆使した調査によって得られる確かな情報が必ず、ご依頼人にとって有意義な結果へと導きます。 今、あなたが抱えている深刻な現状を大きく変えるお役に立てるはずです。

浮気を疑ったらまずやるべきこと5つのこと

探偵選びの注意点2

浮気を疑ったままで放置しておくのはダメ!

浮気は夫婦関係を破綻させる裏切り行為です。そんな疑念に取りつかれることは大変辛く苦しいことです。

心の中に一度発生したモヤモヤは放っておいても解消されることはありません。事実を明らかにしない限り、夫婦関係だけでなく、あなた自身の心も体まで健康な状態を維持できなる恐れが出てきます。

なぜ確かめることが恐いのか?

浮気を本人に直接確かめたときの相手の反応が恐いという人は多くいます。
、それは以下のような結果を恐れる心理からだと考えられます。

  • 相手が逆上して関係が悪くなるかもしれない
  • そうせ相手に言い逃れされるに決まっている
  • お互いに冷静さを失い感情のぶつけ合いになる
  • 怒って家を出て行ってしまうのではないか
  • 開き直って浮気相手のもとへいってしまうのではないか

浮気を疑ったら取るべき5つの行動

疑いを持った時点で相手を問い詰めて問題が解決するケースはごく稀にすぎません。

すぐに浮気を認めて謝罪するような人は始めから浮気などしません。あなた自身が別れることをまだ望んでいるのか否かさておき、後で悔やまない対応を取ることが大切です。
浮気された人もそうではない人も5つのポイントを参考にしてください。

パートナーや浮気相手を問い詰めず普段通りに接する
確固たる証拠がないうちから、相手を問い詰めてはいけません。あなたの疑いに対して「そんなの証拠にならない」と突っぱねるかもしれません。
更にその直後、浮気の証拠になりうるものはすべて隠滅する危険性もあります。証拠がないうちは疑いを悟られない方が有利かもしれません。
現在の夫婦関係から浮気の動機などについて考えてみる
長い間別居しているなど既に夫婦が破綻している場合は、配偶者の浮気が不貞行為に該当しない可能性が大きいです。
現在の夫婦関係において自分にも非はなかったがなど客観的に見直してみましょう。ただ自責の念に駆られ、自分だけ責めても何も解決しないの止めましょう。
浮気をしていた場合どうするのか考える
最悪のケースも想定のうえで、自分が配偶者と夫婦関係を継続したいのか、継続するべきか、もしくは離婚を望んでいるのか、その後の選択をよく考えておきましょう。
自力で浮気の証拠を見つけてみる
自分で証拠を準備しておきます。万が一離婚になった場合、慰謝料請求や親権に関わってきます。パートナーがあまり警戒心がないタイプなら、入浴中などにスマホをのぞいたり財布の中のレシートをチェックして証拠を探すことはそれほど難しくはないでしょう。
限界を感じたら専門家に調査を依頼する
心身に大きなストレスを抱えてまで調べることはお勧めできません。、せっかく自力で押さえたことが証拠と認められないことも考えられます。探偵などの専門家に依頼すれば尾行や張り込みなどしてもらい、負担なく確実な証拠が手に入ります。

浮気の証拠を集める方法

探偵選びの注意点1

証拠集めの3つの目的

浮気を相手に認めさせるには証拠を探すことが解決への大きな一歩となります。
証拠を見つけることは浮気の事実と向き合うこになるため、心の痛みや悔しさが伴うかもしれませんが、事実を明らかにすることで状況を前に進めてくれます。

3つの目的

  • 浮気相手と別れて、夫婦関係を修復するきっかけになる
  • 慰謝料の請求が認められる可能性が高くなる
  • こちらからの離婚が有利になり、相手からの離婚請求が認められにくくなる

論より証拠がモノを言う?!

証拠は離婚裁判や慰謝料の請求などにも大きく影響します。当然ながら証拠なら何でもいいわけではなく、不貞行為の証拠として法的に立証できるのかどうかが重要です。

後に調停や裁判で、証拠として不十分と言われてしまうのはとても残念です。決定的な証拠は調停や裁判になった場合、法に基づき第3者を動かすだけの効力を発揮してくれます。

不貞行為の事実を証明する「証拠」

探偵に証拠収集を依頼するメリット

悩み相談から始まるサポート

探偵に依頼する多くの方は、まずは相談したいという方がほとんどです。配偶者の浮気の悩みは、知り合いなどに気軽に相談できる内容ではありません。

「自分なりに情報を集めてみたけど証拠として有効なのか分からない」、「パートナーとの関係修復が目的なので、不貞行為を認めさせて不倫を辞めさせたい」など、さまざまな問題を解決へ導くためのアドバイスを求めて来る方もいます。

探偵に依頼する理由

自力で掴んだ証拠は価値が低く、裁判では証拠として認められないケースもあります。

探偵業法に基づき合法的に浮気調査を行えるため、有力な証拠を掴む可能性が高くなります。

さらにパートナーにバレるリスクも回避できます。依頼相談を受け、ご依頼人の意見を取り入れながら、個別に適した捜査方法を考え迅速に実行し結果を出すことが可能です。

探偵の浮気調査で得られること

その他にも以下のような専門家に依頼することで以下のようなメリットがあります。自分で証拠を見つけることが困難な方、やっては見たけど、証拠が一つも見つけられなかった方は探偵に相談しましょう。

  • 過去のデータに基づいた的確な対処法やアドバイスが受けられる
  • 専門家のサポートが受けられ心強い味方になってくれる
  • 調停や裁判で戦える有力な証拠が手に入る
  • 証拠を探しにおける、さまざまなリスク(法に触れたり相手にバレるなど)を回避できる
  • 夫の浮気の事実を自分が見つける精神的負担や労力、時間などをかけなくて済む
探偵に依頼した多くは復縁している

浮気調査を依頼された方は、慰謝料請求や離婚だけを望んでいるわけではありません。一番多くは夫婦関係の修復、つまり復縁を望んでいます。

浮気を認め、相手ときっぱり縁を切り夫婦として再出発すること多くの方が望んでいます。また、調査の結果調査の結果、浮気をしていなかったというケースもありました。

探偵に依頼するときの注意点

探偵に依頼するデメリットも

探偵に浮気調査を依頼するメリットはお伝えした通りですが、反対に依頼するうえでデメリットも生じます。

あるデータによれば、自力で浮気調査を行ったケースでは、実際にかかった費用は0〜10万円なのに対し、探偵事務所に依頼する場合は、6~50万円が相場と言われています、

探偵選びを失敗するとかえって大きなリスクを抱えることも考えられます。
中には詐欺まがいの違法行為を行う業者も存在します。探偵事務所に依頼をするときは、きちんとした探偵事務所かどうかの見極めが大切です。

探偵選びの重要なポイント

初めての探偵事務所探しは、わからないことが多くて不安になるのも無理ありません。頼りがいのある優良な探偵事務所を探すポイントをまとめました。

料金が明白に設定されている

料探偵費用は事務所によっては、調査する日数や時間によって異なります。料金設定があやふやで最終的に、日数や時間に伴っていない不透明な費用を請求されることの内容に気を付けましょう。

調査の流れや途中経過を教えてくれる

どんな調査方法なのか、何人で調査するのかが明確な説明がない場合は注意が必要です。調査の途中経過についても親切に教えてくれると、依頼する側も安心して任せられます。

質問に正しく回答してくれる

相談する時点で親身になって話を聞いてくれたり、丁寧に説明してくれる探偵事務所を選びましょう。誠実さに欠けるいい加減な回答をする調査員なら、調査自体もいい加減になる傾向があります。探偵の印象を知るためにまずは電話からでも構いません。

反対に料金が安いからといって安易に決めてしまうことはお勧めできません。 契約後に追加料金を請求され、結果的に相場よりも多く支払わされることがあるためです。

真実を知らなければ何も変わらない

浮気による慰謝料の請求

有効な証拠次第では請求できる

浮気は不貞行為と認められた場合、損害賠償として慰謝料の請求が可能です。浮気の証拠は慰謝料の請求の際に最も重要になります。

浮気なんかしてないと事実を捻じ曲げられるのを防ぐためにも、有効な証拠を押さえておきましょう。

慰謝料請求には浮気を立証する必要がある

被害者として慰謝料請求するためには、夫の不貞行為の事実を立証する責任が生じます。
つまり立証できるだけの証拠が提示できなければ慰謝料の請求が認められないということです。

探偵選びのポイント

浮気・離婚調査の相談窓口

証拠が道しるべに

証拠を掴むことは相手に認めさせて慰謝料を取ることだけがすべてではありません。事実を明らかにし、自分が一歩前に進むための大きな切り札となって、あなたを助けてくれます。

証拠収集ができない、解決が難しい場合やどうしたら良いかわからないときには、まずは無料相談をご利用くださいませ。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。

慰謝料請求専門窓口では浮気・不倫調査をはじめ、あらゆる問題解決を得意とする経験豊富な調査員が多数おります。

深刻な悩みを一刻も早く解決に導くために、調査を迅速に対応し、皆さまの悩みに沿った問題解決を実現するサポートをお約束します。

流れ
無料相談

サービス依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop