不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 夫(旦那)の浮気を探偵に調査依頼するときの準備と注意点
公開日: 2021/06/01
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2021/06/01

夫(旦那)の浮気を探偵に調査依頼するときの準備と注意点

離婚前、離婚後、慰謝料請求なんでも相談室

夫の浮気への疑惑、晴らしたいけど本人に直接確かめるのが…逆上したり言い逃れされないか不安でたまらない。
それもそのはず、浮気は証拠がない状態で問い詰めることもできません。
そんなときお役に立てるのが、探偵社です。

目次│夫の浮気調査を探偵に依頼するとき

浮気を認めさせるには

浮気の被害者になるということは

浮気は夫婦関係を破綻させる裏切り行為です。そんな疑念に取りつかれることは大変辛く苦しいことです。心の中に一度発生したモヤモヤは放っておくと増大するばかり…

事実を明らかにしない限り、夫婦関係ばかりかあなた自身の心も体まで健康な状態を維持できなくなってしまいます。

なぜ証拠が必要なのか

確固たる証拠がないうちから、相手を問い詰めてはいけません。浮気を何がなんでも隠し通したいご主人は、いくつもの言い訳を考えているはず。
あなたの疑いに対して「証拠はあるのか?」「そんなの証拠にならない」と突っぱねるかもしれません。
更に、その直後、浮気の証拠になりうるものはすべて隠滅しようとするでしょう。

論より証拠がモノを言う?!

証拠は相手に対してだけではなく、調停や裁判になった場合、法に基づき第三者を動かすだけの効力を発揮してくれます。
逆に言えば、あなたが浮気されて、どんなに傷ついたのか言葉を尽くして訴えても証拠が一つもない場合、被害を立証するのに不十分とみなされる可能性が大きいのです。

浮気の証拠を集めるメリット

証拠は状況を進展させる

浮気を知ったとき、それを相手に認めさせるには証拠を探すことが第一歩となります。
証拠を見つけることは、心の痛みや悔しさが伴うかもしれませんが、事実を明らかにすることで状況を前に進めてくれます。進展としては主に3つあります。

証拠集めの3つのメリット
  • 旦那を改心させて夫婦関係を修復させられる
  • 慰謝料の請求が認められる可能性が高くなる
  • こちらからの離婚が有利になり、旦那からの離婚請求が認められにくくなること

効力のある証拠とない証拠とは

証拠となるものならないもの

証拠集めで肝心なことは、証拠として有効なものと効力がないものがあることを知っておくことです。
せっかく苦労して集めたのに、証拠として不十分と言われないように頭に入れておくとよいでしょう。

証拠となるもの
  • ホテルや自宅、一緒に行った旅行先での写真や動画(複数回の不貞行為がわかるもの)
  • ラブホテルの領収書
  • メールやSNSなどの文面で(1回以上の不貞行為をしたことがわかるもの)

旦那が浮気相手と、継続して肉体関係があったと判断できるものに限ります。不倫相手の特定はできないものについては、他の証拠との併用が望まれます。

証拠とならないもの

SNSやメールなど親しい様子がわかっても、 一回以上の肉体関係を証明するものでなければ効力のある証拠とはなりません。
デートしている時の写真や動画、お互いの自宅を一度だけ訪問した際の写真なども、証拠としては不十分です

《違法行為に注意》

浮気相手の家に侵入して盗聴や盗撮などで手に入れた証拠は、違法行為として裁判で証拠として認められなかったり、反対に訴えられることもあるので注意が必要です。

証拠収集を探偵に依頼する理由

自力での証拠集めのリスク

決定的な証拠を自力で掴むことは簡単ではありません。自力調査で集められるものは、証拠としての価値が低く、裁判では証拠として認められないケースもあります。

確実な証拠を無理に押さえようとすると、パートナーにバレるリスクも高く、場合によっては違法とみなされる可能性もあります。

探偵に依頼するメリットは?

探偵であれば、探偵業法に基づき合法的に浮気調査を行えます。依頼相談を受け ご依頼人の意見を取り入れながら、個別に適した捜査方法を考え迅速に実行します。浮気調査で重要な尾行や張り込みなど時間も労力がかかる作業も、プロに任せることで負担なく、証拠が手に入ります。

探偵の浮気調査で得られること

自分で証拠を見つけることが困難な方、やっては見たけど、証拠が一つも見つけられなかった方は探偵に相談しましょう。
探偵の掴んだ強い証拠があれば、たとえ離婚調停や慰謝料請求になったとしても、ごまかしたり言い逃れしたりはできません。ほかにもさまざまな利点があります。

  • 過去のデータに基づいた的確な対処法やアドバイスが受けられる
  • 専門家のサポートが受けられ心強い味方になってくれる
  • 調停や裁判で戦える有力な証拠が手に入る
  • 証拠を探しにおける、さまざまなリスク(法に触れたり相手にバレるなど)を回避できる
  • 夫の浮気の事実を自分が見つける精神的負担や労力、時間などをかけなくて済む
探偵に依頼した多くは復縁している?

浮気調査を依頼された方は、慰謝料請求や離婚だけを望んでいるわけではありません。一番多くは夫婦関係の修復、つまり復縁を望んでいます。

浮気を認め、相手ときっぱり縁を切り夫婦として再出発すること多くの方が望んでいます。また、調査の結果調査の結果、浮気をしていなかったというケースもありました。

探偵に依頼する上での注意点

探偵に依頼するデメリットも

探偵に浮気調査を依頼するメリットはお伝えした通りですが、反対に依頼するリスクもあります。データによれば、自力で浮気調査を行ったケースでは、実際にかかった費用は0〜10万円です。

それに対して探偵事務所に依頼する場合は、6~50万円が相場と言われています。ゆえに、調査を依頼する場合は探偵の選び方にも気を付けなければなりません。

探偵選びは慎重に

初めての探偵事務所探しは、わからないことが多くて不安になるのも無理ありません。
頼りになる探偵事務所ですが、中には詐欺を行う違法業者も存在します。探偵事務所に依頼をするときは、きちんとした探偵事務所かどうかの見極めが大切です。

かかる時間や日数によって料金が決まる

料探偵費用は事務所によっては、調査する日数や時間によって異なります。そのため、依頼された時点で情報があまりに少ないと、どうしても調査費用が多くなってしまいます。

夫が浮気相手と会いそうな日が予想できる場合は、その日調査を依頼すれば証拠を押さえられるでしょう。決まった時間だけ調査するのが、調査費用を抑えるコツです。

まずは相談してみよう

浮気調査には調査員の人件費や諸経費がかかります。料金案内で諸経費について触れられていない、何人で調査するのかが明確でないといった場合は注意が必要です。
相談する時点で親身になって話を聞いてくれたり、丁寧に説明してくれる探偵事務所を選びましょう。まずは電話からでも構いません。

浮気による慰謝料の請求

慰謝料の請求に応じないことも

浮気は不貞行為に当たるので、 損害賠償として慰謝料請求できる可能性があります。浮気の証拠は慰謝料の請求の際に重要です。ところがご主人が慰謝料請求に応じないケースはよくあります。
浮気をしていないと言い逃れるのを防ぐためにも、有効な証拠を押さえておきましょう。

慰謝料請求には浮気を立証する必要がある

被害者として慰謝料請求するためには、夫の不貞行為の事実を立証する責任が生じます。
つまり 立証できるだけの証拠が提示できなければ慰謝料の請求が認められないということです。不貞行為とは配偶者とは別の相手との肉体関係およぶということを意味します。

慰謝料を請求できないケース

慰謝料を請求できないケースは以下の通りです。

  • 肉体関係(性交渉)がない
  • すでに婚姻関係が破錠していたとき
  • 時効が完成してしまった、除斥期間が経過してしまった
慰謝料請求する目的もはっきりさせておこう

慰謝料請求をする際に、夫との関係をどうするのかを事前に考えておくべきです。夫婦関係をやり直したい気持ちが強いのか、きっぱり離婚して再出発したいのか。

それによって慰謝料請求の形は変わってくるでしょう。慰謝料を請求することで、相手との復縁が難しくなるケースもあるので、よく考慮して決めましょう。

まとめ

証拠が道しるべに

証拠を掴むことは相手に認めさせて慰謝料を取ることだけがすべてではありません。事実を明らかにし、自分が一歩前に進むための大きなアイテムなのです。

それを手に入れることで、今後自分がどんな生活を望むのかを、自然と答えが出るでしょう。確かな証拠を手に入れ、その一歩を踏み出すために探偵事務所への依頼がおすすめです。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop