不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > コロナ禍でも不倫をするカップルの呆れた理由とは?
公開日: 2022/02/02 最終更新日: 2022/02/10
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2022/02/02 最終更新日: 2022/02/10

コロナ禍でも不倫をするカップルの呆れた理由とは?

コロナの影響で自由に行動したり、人と会う機会がグッと減ってしまったという人がほとんどではないでしょうか。

ところが、このようなコロナ渦の浮気や不倫は密やかに横行しているようです。

目次│浮気・不倫の相談窓口

相談者
男女トラブルサポート
2022年2月2日 更新
浮気・不倫トラブル問題解決の担当者が書いた男女トラブルに関する情報を公開しております。結婚詐欺トラブル・恋愛トラブルなど、さまざまな男女トラブルに対応しております。

コロナ渦で変わったライフスタイル

コロナ渦の不倫2

コロナ渦でのさまざまな変化

コロナ感染の不安と隣り合わせの暮らしが、長期にわたって続くなか、国民の暮らしはコロナ前と比べ大きく変わりました。
政府や自治体からの呼びかけで、感染予防第一という考えが根付いてきました。こうした変化は、それぞれの人々の意識からも反映されたことによって起こるものです。

メディアによる意識の変化

テレビの報道番組やネットニュースでは、自粛せず出歩く人を非難したり密を作ることを強く否定したりして、より一般人のコロナ対策の意識を高めました。

自宅で仕事することが通勤時やオフィスでの感染予防対策になるとして、多くの会社員がリモートワークに切り替えることになりました。共働きの夫婦など、1日中同じ空間で仕事するわけです。

それは夫婦関係に、良くも悪くもあらゆる影響を与えるきっかけとなりました。

コロナの男女関係への影響

コロナ渦の不倫3

コロナ渦でのカップル事情

コロナ渦が長引く中で、すべての人の価値観には微妙なズレや違いも起きることは自然ともいえるのではないでしょうか。
しかし、寝食を共にする夫婦、カップルにおいては、そんな価値観の違いが生活に影響することもあります。 さらにコロナ渦で制限されることへの疲れやストレスが原因で、夫婦関係が悪化するケースも増えているそうです。

巷ではコロナ離婚が多くささやかれています。

コロナ離婚に至る原因
● 行動を制限されるストレス
  ( 実家に帰れない、友達と食事できない、旅行に行けない )
● 夫婦でコロナへの危機感が違う
● 家族一緒にいる時間が長く窮屈
● 家族や配偶者に気を遣うことが増える
● イライラから口論が増える

コロナ渦でも浮気は減らない?

夜は出歩かないほうがいい、人の混み合う場所に行かない、家で過ごしましょうなどのフレーズをよく耳にしますが、だからと言って不倫が減少傾向にあるのかといえば、実はそうでもないらしいのです。

意識調査の結果からも、コロナ前と後で、特に不倫の件数や考え方などに変化が見られないと言われています。

おそらく「おうち時間」が要求されることで、かえって外で発散したい欲求が強まったのではないでしょうか。

コロナ渦でも不倫する呆れた理由

見破れなかった夫の嘘

夫の不倫調査を依頼された女性は、コロナ渦にもかかわらず出歩く夫に違和感を感じていました。夫婦間でコロナへの危機管理が違い、同じ屋根の下にいても心は離れていくようでした。

当社の調査によって、有力な不倫の証拠が見つかり、追及したところ夫の言い訳に妻は心底呆れたといいます。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: 浮気調査
ご依頼理由: コロナによって私はリモートワークになりましたが夫の方は、変わらず残業や出張を続けていました。夫は仕事以外も外出が多く、コロナへの危機管理がとてもいい加減。ゴミ箱から偶然見つけた領収書から、夫の出張や残業が架空のものだったと知りました。
夫は簡単に認める性格ではないので調査を依頼したところ、やはり夫は不倫していました。コロナ渦にもかかわらず、会社の部下と不倫三昧していることが分かったのです。証拠を突き付けると夫は「コロナのストレスで仕方なかった」とあきれた回答をしました。あれほど危機感が低く、夜遊び歩いていた人が、何を言っているんだと怒りを通り越して呆れました。

コロナ渦で不倫する原因

コロナ渦の不倫の特徴

おうち時間が増えたことで、確実に家族の時間は増えました。家族の温もりを感じ、改めて家族の有難みを感じる人が大勢いる一方で、不倫する人は、その状況をネガティブにとらえるタイプかもしれません。

一緒にいることで窮屈で自由がないと感じ、それが浮気へと走らせているのかもしれません。

コロナ不倫には大きく2つの傾向に別れます。


ストレス発散不倫

テレワークが増えて、一緒にいる時間が多くなってストレスが増えたという夫婦がいます。ストレスがもとで不仲になればさらに一緒にいるのが苦痛になって、ストレス解消のために不倫に向かっていくことが示唆されています。


暇つぶし不倫

夫婦仲が悪化すると互いに一人になりたいと願います。そんなとき1人の余暇が増えてしまうと、マッチングアプリによる不倫が始まってしまう可能性があります。夫婦仲がよくても、外に出られないストレスや刺激が足りないことからサイト上で出会いを求める既婚者も増えているそうです。

コロナ渦での不倫対策

コロナという特殊な状況下での不倫は、どのような対策が必要でしょうか。以下を参考にしてみて下さい。

  • ・互いを尊重しあい程よい距離感で接する
  • ・家を楽しめる空間にして、映画など一緒に楽しむ
  • ・過干渉しない代わりに夫婦のルールを決める
LGBT結婚詐欺

浮気・不倫の相談窓口

どんなお悩みもご相談ください

夫婦間の悩みを誰にも相談できず、辛く苦しい日々を送っている方、
またトラブルを抱え、解決方法が分からないという方、
まずは、当事務所の無料相談をご利用ください。

慰謝料請求専門窓口は、夫婦の離婚問題をはじめ、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。
あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。あなたの抱えている苦しみや悩みをお聞かせください。
前を向いて歩けるよう、ご期待に添えるような問題解決とサポートをお約束します。

不倫調査依頼方法

無料出張相談・オンライン相談実施中!

お住まいの場所から相談ルームまでの電車移動が不安、コロナウイルスで面談に不安を感じる方のために、ファミリーセキュリティでは出張相談・オンライン相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop