不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

公開日: 2021/04/07 最終更新日: 2021/04/16
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2021/04/07 最終更新日: 2021/04/16

カーナビの履歴で発覚した夫の浮気

もしも、配偶者が浮気しているかもしれないと感じたら、あなたならどうしますか?とても落ち着いてなどいられず、浮気の証拠を掴もうと躍起になるかもしれません。証拠は意外と近くにあるものですが、果たしてあなたなら見つけられるでしょうか?。

目次│浮気の収集相談

浮気の証拠は身近にあるかも

浮気は証拠の有無が物を言う

どうやら夫が浮気しているかもしれない…女の勘はよく当たるといいますよね、ことに夫の浮気に関しては。しかしながら論より証拠とも言います。証拠がなければ何も立証することはできません。まずは自分のできるところから証拠を見つけていくことが大切です。でも浮気する側も馬鹿ではありません。浮気がバレないよう証拠を残さないように気を付けているはずです。

証拠探しの5つのコツ

浮気の証拠は意外とすぐ身近にあったりもします。自分一人で何とか解決させたいとき、浮気の証拠を探るポイントとして参考にしてみてください。

  • 会社帰りのスーツなど衣類や持ち物、におい
  • お金の使い方が前と変わっていないか
  • 出張や残業がやたら増えてきた
  • 携帯電話にロックをかけたり、履歴を消したりしていないか
  • 夫婦間のスキンシップ(性交渉を含む)が減少した

浮気の証拠が見つからないとき

証拠探しに難航

浮気する側も人間です。人間ならに隙があるはず…そう信じて探してみたはいいけど、証拠らしいものが出てこない可能性もあります。中には探偵さながらに変装までして尾行してみたけど成果がなく、結局ご主人にばれて逆ギレされ「浮気なんて心外だ!」と怒られ一方的に離婚を言い渡された悲惨なケースも。やはり自分で浮気の事実を証明するのはかなりのリスクらしいです。

決定的証拠じゃないとダメ?

手を尽くした結果、いくつかは証拠が見つかったけど、それに対して夫が全否定の姿勢をとってきたらどうすればよいのでしょうか。おそらく夫側は、突き付けられた証拠に対し効力が弱いことを察知して「まだ十分言い逃れできる」と確信を持ったのでしょう。そんなときはそれ以上何を言っても取り合ってくれません。必死で探したのに報われないなんて精神的にきついですよね。ただでさえ浮気されて傷ついているのに。なんとも理不尽です。

プロの任せるのも一つの手

このまま泣き寝入りじゃ相手の思うツボ、いやそんなことは許さない!とはいえ、打つ手なしでどうしたらいいものか。そんな場合は探偵や調査会社に情報収集を依頼するとよいでしょう。ご自身で探すリスクを負わないで確実な証拠が手に入ります。専門かに任せることで、自分には強い味方がいる、一人じゃないと思えますし、強力なサポートに精神的な不安も軽減し、気持ちも楽になれることでしょう。

カーナビの履歴に証拠が!

一人で浮気の真相を明らかにしようとすると意外な所に落とし穴があったり、見落としがあったりするケースが多いといいます。まさかの見落としといえば、例えばカーナビの履歴。浮気相手はかなり高い確率で夫の車に乗っているはずです。

車内にアクセサリーとか髪の毛とか落ちてないか確認はしたものの、うっかりカーナビの履歴までは気が付かなかったというケースです。カーナビの履歴から「浮気」していたことが判明したケースは多くあります。どのような情報があるのかまとめてみましたので「カーナビの履歴」を見る際に意識してみてください。

  • 浮気相手の自宅住所
  • 浮気相手との待ち合わせに使われている場所
  • 会っている時間帯や行動範囲
  • 会っている曜日は毎回同じなのか
  • 履歴がなくても走行距離から移動範囲を絞れる

浮気が発覚した時の伝え方

話し合いの前に気を付けること

言い逃れできないだけの証拠を突き付けられると、大概は浮気したことを認めざるを得なくなります。そして大人しく自分の非を認めたうえで謝罪するかもしれません。その態度次第では、受けた傷も少しは言えるかもしれません。

ところが中には、証拠がそろっているにも関わらず、どこかに逃げ道を探して認めなかったり、開き直った態度をとる夫もいるそうです。何を言われても大丈夫なくらいに、話し合う前に確認しておくとよいでしょう。

  • 夫が不倫相手と肉体関係を持った事実を立証できる証拠が揃っているか
  • 冷静に相手と話し合いができる精神状態かどうか
  • 離婚や慰謝料請求を考えるのなら、それらに関する知識をある程度はつけておく
  • 証拠をもってしても話にならないような難しい相手なら、予め探偵などのプロに同席してもらう
  • 相手と今後、修復したいのか離婚したいのか自分の中ではっきりさせておく
離婚か修復かの選択

離婚という選択をした原因として浮気を挙げる人は少なくありません。ですが浮気されたからと言って皆が離婚したら、それこそ日本の離婚率は現在の数倍にも膨れ上がるはずです。つまり浮気されても、修復を選ぶ夫婦のほうがはるかに多いということになります。

もともと浮気については、火遊びのつもりでやったという男性も多いそうです。女性からしたら身勝手極まりない行動ですが、妻からすれば夫の心から反省してやり直したいという申し出を、信じてやりたくもなるのでしょう。

浮気による離婚という選択

自分の感情に蓋をして生きることはできない

浮気によって夫婦間が破綻したり、夫への愛情が消えてしまい離婚を選択したという方ももちろんいます。浮気いう裏切り行為は謝罪されても許されるものではないし、今後夫を信じられそうにないという思いが離婚を答えとして導き出すのは無理もないのかもしれません。それでも子どもがいれば、思いとどまるかもしれませんが自分の感情に嘘をついてまで夫婦関係を継続することは、想像以上に辛いことでしょう。

離婚による慰謝料請求

浮気のような不貞行為が原因で夫婦関係が破綻した場合に、夫とその浮気相手から慰謝料を請求できます。ただし条件として下記に該当する場合は慰謝料は請求できません。

  • 不貞行為がある前から夫婦関係が破綻していた(別居なども考慮される)
  • 証拠不十分で認めてもらえなかった
  • 浮気する側に正当な理由(DVやモラハラを受けていたなど)があったとき

まとめ

自分らしく生きるために

浮気しているかもと思い始めると、夫の行動すべてが怪しく見えてきたりするものです。あまり過剰に思い詰めてしまうと一人相撲になりかねません。きちんとした証拠を集めてから夫に制裁を与えるべきです。証拠は必ず出てくるはずです。しかも意外と身近な所にあるもの。

車の中、財布の中、そして携帯電話の中。重要なのは法的に効力のある証拠を集めるです。一人で抱え込み思い悩みすぎないように。修復でも離婚であろうとも、浮気という苦難を経験したあなたが再び前を向いて自分らしいライフスタイルを取り戻せるように、応援しています。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop