慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 職場のハラスメントが原因で退職に追い込まれたら慰謝料請求できる?
公開日: 2021/12/26 最終更新日: 2021/12/24
慰謝料ニュース
 公開日: 2021/12/26 最終更新日: 2021/12/24

職場のハラスメントが原因で退職に追い込まれたら慰謝料請求できる?

パワハラの慰謝料漫画1 パワハラの慰謝料漫画2 パワハラの慰謝料漫画3

やりがいのある仕事に就いて頑張っていたのに
そこには予期せぬ伏兵がいた!
根拠のない嫌がらせを毎日繰り返す上司や、その取り巻きたち。

仕事はやめたくない!でも、このままじゃ心身ともに潰れてしまう…泣く泣く仕事を失った場合、慰謝料を請求できるのでしょうか?

目次│職場のハラスメント相談窓口

職場のハラスメントあるある

パワハラの慰謝料-2

ハラスメントってどんなこと?

ハラスメントとは相手に対する嫌がらせ行為のことを指します。
立場や地位などを背景に相手を不快にさせる行ないをすることです。
ハラスメントの種類は詳細に言えば全38種類(!)あるといわれていますが、ひとまとめにパワハラ(パワーハラスメント)と呼ばれています。

そのつもりがない場合でも相手を傷つけたり、不利益を与えたりする行為などはハラスメントに該当します。

職場で起こりがちなハラスメント

職場でのハラスメントで典型的なのが、上司が権威に物を言わせ、部下に行なうハラスメントです。

代表的なのが、性的な嫌がらせを行うセクハラ(セクシャルハラスメント)です。
ハラスメントの被害は受ける当事者によって重度が変わります。職場の場合は、当事者以外は全く気が付かないこと珍しくないようです。
昨今の職場でのハラスメントあるあるは下記になります。

  • セクシャルハラスメント(セクハラ)
  • 女性が標的になりやすい性的なハラスメント【例えば…直属の上司が頻繁に「彼氏とデート?」と質問をしてくる】
  • モラルハラスメント(モラハラ)
  • 言葉や態度等によるハラスメント【例えば…挨拶しても無視されたり、仕事上で重要な連絡を伝達してもらえない】
  • マタニティハラスメント(マタハラ)
  • 妊娠中や出産後の女性に対するハラスメント【例えば…未婚で子供のいないの同僚が「子ども産んで休めていいね」と皮肉を言う】
  • エイジハラスメント(エイハラ)
  • 年齢が上がると受けるハラスメント【例えば…若年至上主義の上司が「歳だねえ…」など年齢を引き合いに出して揶揄してくる】
  • ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)
  • ジェンダーを強要するハラスメント【例えば…同僚が「男のくせになよなよすんな!」などの罵声をいつも浴びせてくる】

真実を知らなければ何も変わらない

職場のパワハラ相談事例

退職に追い込んだ上司が許せない!

次は実際にあった、職場でのハラスメンによる被害の相談事例です。当事務所での調査レポートもぜひ、ご参考にしてください。

女性
ご相談者様: 20代/女性 会社員
ご相談理由: 厳しい就職活動を乗り越え、やっと希望の会社の転職しました。やりがいある仕事だったので一生懸命毎日頑張っていました。
ところが半年過ぎて営業所の所長が変わると、社内は一変しました。赴任してきた所長は気分屋で粗野な所もあり、部下をいびったり、女子社員をあからさまに差別します。更には仕事だけでなく人間性を侮辱します。
一度だけ私が抗議したら、パワハラの標的にされてしまいました。他の人のミスの責任を押し付けたり、通常の何倍もの仕事を言い渡されたりしました。
それだけでなく、長文の嫌がらせメールが来たり、なぜか私のプライベートを探ってきて、あることないこと噂にしたり、私は精神的に追い詰められて退職を余儀なくされました。うつ病と診断され今は無職です。復職は無理でもあの所長に代償を払わせたいです!

調査レポート: ご依頼者の相談を受けまして、パワハラの実態調査をしましたが既に退職しているため難航しました。
慰謝料請求をするにあたっては、被害の実態をし示す十分な証拠がなければ弁護士も動きません。当事務所の方でご依頼者自身が密かに録音していた職場での上司の音声データとメールの履歴、過酷な実態を表す当時の日記を確認しました。
さらに調査によって労働時間の超過を示す書類を入手できたことから、パワハラの被害として十分な証拠を揃えました。弁護士にバドンタッチして、企業側と加害者側の両方を訴える方向に向かいました。

パワハラが起きてしまうのはなぜ?

パワハラの慰謝料-1

パワハラが起きる原因

同じ職場でも、性別、年齢、そして個性などさまざまな人が集っているので、起こる原因はハラスメントの種類によっても変わってきます。

大きく3つに分けるとすれば、下記になります。

「職場環境のによるもの」
「相手の問題によるもの」
「自分に問題によるもの」

事例の場合は、職場環境の変化と相手に問題がある両方のケースになります。

職場が変わる際に、同僚にパワハラの常習犯がいても不運として受け入れるしかないのでしょうか。

自分に原因があることも

環境や他人が原因だけというわけではありません。ハラスメントを招いたのは自分が原因ということも考えられます。
原因としては仕事が遅い、休みがちなどです。自覚がないだけで相手に不快な思いをさせていたかもしれません。

さらに言えば、ハラスメント自体が被害妄想だったというケースもあります。
依頼を受けて調査しても実態がなく、職場に限らずあらゆる日常の場面で被害妄想の症状が出ていたということも考えられます。

多くのパワハラは相手が原因

相手によるものと言っても、全く一概には言えません。
新しい上司であったり、些細な意見の違いで恨みを買った同僚ということもあります。典型的なパワハラする人物とは次のような特徴があることが多いと言われています。

【パワハラする相手の特徴】
・ワンマン上司である
・相手次第で態度を変える
・気分屋で情緒に安定感がない
・自尊心がない(だから部下を粗雑に扱う)
・自分の物差しでしか物事を測れない(視野が狭い)
・偏見を他者に押し付けてくる
・家庭が上手くいっていない

社内のムードがパワハラを加速させている

パワハラを行なう者のほとんどは、相手の気持ちを考えず傷つけている自覚を持っていないことが多いそうです。
また、ハラスメント行為をして、さらし者にすることで周囲に威厳を放っていると勘違いしている人も…。

確かに上司の価値観でいっせいに前にならえ!が、通常の職場なら上司の勘違いが加速し、パワハラ行為に至るのも不思議ではありません。
残念ながら、そのような環境下では部下は上司に気に入られるためなら、どんな価値観でも受け入れるしかないのです。

パワハラを受けたらしておくべき3つの対策

パワハラの慰謝料-3

自分の身は自分で守る!

パワハラによる精神的苦痛が長引くと、うつ病を発症するリスクを引き起こします。
仕事をやめたくないからといってパワハラに耐え、結果的に健康を害しては元も子もありません。

いざというとき、会社は守ってくれません。自分の身は自分で守る必要があります。
そのためには対策をしっかり知っておくことが大切です。

ハラスメント対策3つのポイント

パワハラの被害対策としては次のことが挙げられます。

  • 労働組合や人事課などに相談してみる
  • パワハラ被害の証拠となるものを残す
  • 会社が動かないときは探偵や弁護士などの専門機関に相談する
さいたま市の浮気不倫調査

パワハラが原因で失業したら慰謝料はどうなる?

慰謝料はどのくらいもらえるの?

パワハラの慰謝料は50~100万円が相場といわれています。パワハラのせいでうつ病になったり退職に追い込まれた場合は、それ以上の金額になると思われます。

証拠を示さなければなかったことにされるかも

パワハラを受けた証拠が一つもなく証明することができなければ慰謝料を請求するのは、かなり難しいでしょう。
いくら主張しても加害者や企業が認めなければ泣き寝入りするしかありません。

自分で掴めない証拠は専門家に頼んで証明してもらうことをお勧めします。

パワハラの内容や期間によっても変わる

加害者と上下関係やパワハラの内容、実態、そして被害に遭った回数や期間によっても慰謝料の額は変わってきます。

それもすべては証拠次第です。証拠さえあれば、人事部、労基署、警察などの外の機関などにも、それなりに動いてもらえます。

ハラスメント相談窓口

パワハラ対策ならお任せください

パワハラには心身ともに異常をきたす悪質なものもあり、見逃すわけにはいけませんが、 解決方法が分からない場合、被害者であるあなたから動きましょう。

慰謝料請求専門窓口は、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。
お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。あなたの抱えている苦しみや悩みをお聞かせください。

前を向いて歩けるよう、ご期待に添えるような問題解決とサポートをお約束します。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

 

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop