慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 浮気不倫の悩み・トラブルの駆け込み寺
公開日: 2021/12/10 最終更新日: 2022/04/08
慰謝料ニュース
 公開日: 2021/12/10 最終更新日: 2022/04/08

浮気不倫の悩み・トラブルの駆け込み寺

夫婦間のことを、誰にも相談できず悩んでいる人って結構多くいるそうです。

そんなとき、当事者同士で話し合うと、余計に話がこじれてしまうことがありますよね。

周りに相談にのってくれる人がいない場合はどうすればいいのでしょうか。

そんな方は「駆け込み寺」を必要としています。古くから日本にある言葉です。現代版駆け込み寺はあるのでしょうか? 夫婦間の悩みや問題を抱えている方は必読です。

目次|浮気・不倫トラブル相談窓口

相談者
夫婦間トラブル調査
更新日:2021年12月10日
不倫や浮気のトラブルを専門に扱う「男女問題カウンセラー」が記事作成いたしました。夫婦間の悩みトラブルでお悩み方に有益な情報を公開しております。

今、あなたが抱えている深刻なトラブルの打開策としてお役立てください。

最も多い夫婦間の悩みやトラブルって?

浮気不倫の駆け込み寺

離婚の原因となりやすい価値観のズレ

誰もが結婚するとき、この人となら幸せになれると強く信じているはず。それにも関わらず、配偶者に対する悩みや不満が起きてしまうのはなぜでしょうか。

夫婦間のトラブルの元となるのは、一概には言えませんが、微妙な価値観のズレが日々の積み重ねで蓄積されていったことによって大きな悩みの種となるケースが多いようです。

よくありがちな価値観のズレ

夫婦とはいっても元は他人同士です。生活を共にすれば、少々の価値観の違いは仕方のないことかもしれませんが、離婚は誰でも避けたいものです。

離婚に至らしめるほどの価値観のズレとなりやすいのが下記になります。

  • 「養育や育児への価値観」
  • それぞれの育った環境の違いが大きく影響するため、価値観の違いの中でもこれが最も多い

  • 「衛生面での価値観」
  • 手洗いやうがいから掃除まで、清潔で健康な生活に必要性を感じるかどうか

  • 「時間の価値観」
  • 普段一緒に活動しているときの時間の管理や就寝時刻、起床時刻、などの感覚の違い

  • 「マナーの価値観」
  • 挨拶をしない、食事のとり方、社会のルールなどあらゆる面で感じる感覚の違い

  • 「食への価値観」
  • 食の好みが全く違う、菜食主義だったなど毎日の食卓に影響の出る違い

  • 「金銭面での価値観」
  • 通常の金銭感覚ならよいが、どちらかが浪費家、節約家であると生じる価値観の違い

  • 「生活習慣の価値観」
  • ドアを閉めない、電気を消さない、いつまでも寝ないなど日々の生活で頻繁に感じる感覚の違い

離婚に直結しやすい浮気・不倫トラブル

離婚の原因になる夫婦の3大トラブル

自ら進んで離婚に発展するようなトラブルの原因を作る人などほぼいません。

むしろ安定した心を保つにはパートナーとのトラブルは回避したいはずです。それにも関わらず、回避できないトラブルとしては、以下の原因が挙げられます。

  • パートナーに浮気された
  • モラハラやDVの被害を受けた
  • 借金など金銭トラブルに巻き込まれた
パートナーに浮気された

夫婦いずれかの浮気は、パートナーを傷つける裏切り行為にほかなりません。
話し合って丸く収まればよいのですが、トラブルが解決しない場合、離婚を考えるのも無理ありません。

モラハラやDVの被害を受けた

パートナーによるDVやハラスメントがあった場合、結婚生活は苦痛を強いられることになります。
このようなトラブルは簡単に解決できるものではありません。

もし、被害者にとって不可抗力であったとき、離婚して解放されたいと思うのは自然なことです。

借金など金銭トラブルに巻き込まれた

パートナーの借金や金銭問題は、そのまま家庭内のトラブルになります。
子どもがいれば、さらに深刻なトラブルになるでしょう。いくら話し合っても解決しない場合、離婚を選ぶしかないのかもしれません。

浮気・不倫トラブルが離婚原因になりやすいのはなぜ?

DVや金銭的なトラブルは、あくまでも夫婦間での問題であり、二人で乗り越えようとする気持ちがあれば修復の可能性を見出すことができます。お互いに愛情が冷めたわけでわないですし、相手さえ目を覚ましてくれたとか、やり直せるという期待が持てるからです。

一方、浮気や不倫は、夫婦間だけの問題では片づけられません。浮気相手という第三者の存在が大きく影を落とすのです

。愛を誓い合ったのに、裏切られたと絶望の淵の追い込まれたり、酷いケースだと自分が一度は許したのにもかかわらず、相手が不倫をやめてくれないこともあり、夫婦間の溝が埋まらず、やむなく離婚ということも考えられます。

男女間トラブルの相談例

浮気不倫の駆け込み寺

破綻とともにトラブル化する

男女問題は交際が上手くいっているときには気づかなかったことや、気にしていなかったことが交際が破綻に向かうと問題として表面化し、男女トラブルへと発展することが多くあります。

よくある男女間相談例

  • 夫の不倫が発覚!離婚して慰謝料を請求したいが、どのように対処したらいいのか分からない
  • 付き合った女性に家庭があり、その夫から慰謝料を請求されている。慰謝料額に納得がいかない
  • 結納を交わした後に、相手が心変わりして結婚は取りやめになった。結納金を含め慰謝料は請求できるのか
  • 娘が結婚詐欺に遭っているかもしれないが、どのような証拠を集めたらいいかわからない
  • 家庭のある男性の子供を産んだが、認知や養育費など請求できるのか。
  • 離婚した相手に親権を取られたが育児放棄の疑いがあるので調査してほしい

夫婦間トラブルの解決方法

トラブルと向き合うためにすべきこと

パートナーに浮気された!そんなことを動揺せずに受け止めること自体不可能でしょうが、まず一度、心を静め冷静さ取り戻してみてください。

なるべく感情的にならずに相手と向き合い、話し合う時間を作ることが解決の第一歩です。相手の言い分(ほとんどは言い訳でしょうが)心境などについてもきちんと聞いておくことで、この先の自分が取るべき行動が見えてきます。

トラブルの内容や大きさにもよりますが、以下の点に気を付ければ、解決へと導ける可能性はあります。

夫婦で話し合うときに心掛けたい6か条
  • 感情をむき出しにせず冷静を心がける
  • 相手を否定し、自分の主張ばかりしない
  • 相手の気持ちや考えも尊重する
  • 言いにくいことはあらかじめ書面で伝えておく
  • 関係修復のためには自分の非も認める
  • 譲れること、譲れないことをはっきりさておく

予測不明なトラブル

男女間トラブルの多くは、予期できるものではなく突発的に起きがちなので、事前の対処は困難です。
また、一旦問題が起きると自分だけの解釈で容易に治まるものではありません。

どんどん深みにはまっていくうち, 自分では客観的な状況判断ができづらくなることもあります。そんな状況が続くにつれて、心がすっかり疲れ果ててしまうのです。

第三者の支えと導きが必要

一人で悩みやトラブルを抱え込んでいても悪循環です。信用できる第三者に相談してみましょう。

話したことで心が晴れて前向きになれるのなら何よりですが、問題が解決しなければ何にもなりません。現実的に問題を解決に導くには専門家などのサポートをお勧めします。

浮気・不倫トラブルの駆け込み寺とは?

現代における駆け込み寺の意味

駆け込み寺とは夫の暴力に苦しむ妻など、逃げ場を失った女性を救済してくれる、シェルター的な場所として古くから存在していました。

現在も、トラブルに巻き込まれ、苦しむ人のよりどころを意味する言葉として言い伝えられています。

探偵は「現代版」駆け込み寺

当事務所にも駆け込み寺と同様に、苦難を背負い傷を負った人が、わらにもすがる思いで駆け込んでくるケースも少なくなくありません。

探偵はご依頼者の意向に沿って、調査対象者を調べ証拠を取り、最終的に相手に過失を認めてもらうことを目的としています。

当社の依頼者の方々のほとんどが、1人で苦しんだ末にどうにもならない悩みを抱え駆け込み寺としていらっしゃいます。
そう考えると探偵は現代版駆け込み寺といえるのではないでしょうか。

離婚による慰謝料請求する方法

不貞問題と婚姻関係の破綻を証明する

問題解決するためには、相手に非を認めさせることが重要です。そのためには相手の不貞行為による関係の破綻を立証しなくてはなりません。それは目的が復縁でも、慰謝料請求でも同じです。また、婚姻関係にない婚約関係や内縁関係でも、浮気や不倫による破綻を示すことで慰謝料請求ができる可能性があります。

自力で証拠を掴むリスク

自分の受けている被害の実態を、証拠をとして残すためには自分で相手の素行を調べなくてはなりません。それはいろんな意味で多くのエネルギーとリスクを負うことが考えられます。自分の力で証明することが難しいとき、専門家に相談することをお勧めします。

裁判に直結するような事態を避けたい場合、弁護士よりも探偵に相談した方がスムーズです。内密に迅速に調査してくれます。

離婚には正当な理由が不可欠

基本的には離婚や慰謝料請求は、正当な理由がないと認められません。しかし正当な理由があっても、相手がそれを認めないまま一方的に要求するのは難しいものです。

相手から受けてきた被害を事実として証明するためには証拠1つも用意しないまま、話し合ってもパートナーが言い逃れや向き合う姿勢がなければ話はこじれるだけです。

駆け込み寺としての解決案

必ずしも争う必要はない!

酷いトラブルの渦中にいるご依頼者にとって、相手の顔も見たくないという気持ちは痛いほどわかります。たった一人で相手に立ち向かうことは相手に手の内を知られ、言い逃れされ更に傷を負うリスクがあるものです。

当社では証拠探しのための情報収集や尾行など、すべてをご依頼者に代わって行ないます。相手と直談判することをご希望であれば同行することも可能です。言い逃れ出来ない決定的な証拠を持って実行されるのであれば、法廷で争うまでもなく示談に応じる可能性は高いでしょう。

周囲にトラブルの事実を知られないよう回避できる

男女問題は非常にデリケートでプライバシーに関わる内容が含まれているため、いくら親しい親兄弟や友人とはいえなかなか相談しずらいこともあるでしょう。

当社では多くの男女問題のご相談を受けているため、話すのが恥ずかしいと躊躇されるような内容であっても気兼ねなくお話いただけます。
もちろん、相談内容はもちろん個人情報の守秘義務を厳守しております。

浮気・不倫トラブルの相談窓口

平穏な生活を取り戻すまで

ご依頼者の多くは、裏切られた衝撃が癒えないまま、そこから一歩も踏み出せず苦しい中でも、再び前を向いて明るく生きていきたいという希望を抱いていらっしゃいます。

どんなことも「真実」に勝るものはありません。
真実から導くことをモットーに誠心誠意あなたの心に寄り添います。
当事務所は、現代版駆け込み寺として、どんな深刻なトラブルも相手に分からないように調査、情報収集して、あなたが再び心穏やかに過ごせる日常を取り戻すまで味方になります。

貴方のお悩みを

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop