慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > 慰謝料請求のため弁護士より先に探偵に相談してほしいケース
公開日: 2022/04/07
慰謝料ニュース
 公開日: 2022/04/07

慰謝料請求のため弁護士より先に探偵に相談してほしいケース

離婚慰謝料の相談先

慰謝料の支払いで話が進まないとき、弁護士よりも先に探偵に相談するのはどんなケースでしょうか。
浮気が原因で離婚に至ったとき、慰謝料請求する側は相手の不貞行為を証明しなくてはなりません。そんなときこそ、相談をお勧めするのが探偵です。

目次│離婚慰謝料の横断窓口

相談者
離婚トラブルサポート
2022年4月7日 
離婚問題解決の担当者が書いた離婚慰謝料に関する情報を公開しております。浮気調査を行ない、隠されていた真実を知り、前に進むことに大きな意義があります。あなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

離婚慰謝料が発生するケース

過失による損害賠償が認められるとき

離婚の原因は実にさまざまなケースがあります。離婚において慰謝料が発生する場合というのは、不法行為によって離婚するに至ったことにつき、相手方に対して損害賠償として慰謝料請求権があるときです。

つまり、夫婦の一方が婚姻を継続できないような過失があるということ。慰謝料が発生する過失とは下記のようなケースがあります。

  • 不貞行為があったとき
  • DVやモラハラで精神的ダメージを与えたとき
  • 一方が原因で通常の性関係をもてないとき

不貞行為が原因の離婚慰謝料の請求

探偵に先に相談するケース5

不貞行為に対する賠償金

慰謝料請求の目的は、浮気や不倫など相手に非がある離婚や婚約破棄、結婚詐欺の被害に遭い、損失や精神的な苦痛を受けた場合、それらの損害を金銭に換算し、加害者に対して賠償を求めるものです。

不貞行為が原因の離婚と認められた場合、有責配偶者と不倫相手の両方から慰謝料を請求することができる可能性が高くなります。

離婚しない場合でも慰謝料は取れる?

婚姻を継続する場合でも、不倫相手に慰謝料を請求することは可能です。ただ、損害を受ける割合は小さくなるので慰謝料の請求額も減が腐れます。

探偵に相談する重要性

離婚慰謝料を請求する方法

探偵に先に相談するケース2

事実であることを立証する

慰謝料請求するにあたって、被害者である請求する側は立証責任を果たす義務があります。
夫婦の平穏な家庭生活が破たんに追い込まれたのは、パートナーの不貞行為が原因であること、それから不貞行為が事実であることを証明する必要があるわけです。

その損害がどんなに深刻ものであっても、言葉での説明だけでは不十分です。ましてや法廷では通用しません。
不貞行為を事実をできる限り詳細に立証できるだけの十分な証拠を揃えなくては、慰謝料が認めらません。

協議離婚で円満解決なら問題ないのですが、加害者側が慰謝料の支払いを拒んだり、不貞行為を事実と認めず、裁判になった場合、被害者は慰謝料請求のため有力な証拠の有無が明暗を分けます。

慰謝料を請求するためすべき3つのこと

被害側が慰謝料請求を認めてもらうには下記の行動を順に実行してみることが重要になります。

証拠を集める… 不貞行為の事実を立証できるだけの決定的な証拠を見つけることが重要

専門家に相談する… 証拠を収集するには調査の専門家に相談する方が有効的

相手と話し合う… 決定的な証拠を揃えたうえで、今後についてパートナーと話し合いの場を持つ

弁護士より先に探偵を選ぶ必要性

弁護士と探偵それぞれの役割

訴訟の手続きや示談の交渉などを行うなど、法的な手続きを依頼人に代わって行なう代理権を持っているのが弁護士です。 ざっくりいえば法廷手段を取る際に、浮気の証拠を見つけることが探偵の仕事、法的にサポートするのが弁護士ということになります。

いくら有能な弁護士でも被害の実態を訴える証拠が一つもなければ勝ち目はありません。
もし証拠が掴めていないなら、まずは専門家や調査のプロである探偵に相談し調査を依頼して証拠収集することをお勧めします。

探偵に依頼するメリット

探偵であれば、探偵業法に基づき合法的に浮気調査を行えます。依頼相談を受け ご依頼人の意見を取り入れながら、個別に適した捜査方法を考え迅速に実行します。

浮気調査で重要な尾行や張り込みなど時間も労力がかかる作業も、プロに任せることで負担なく、証拠が手に入ります。

探偵に先に相談するケース3

一人で背負うにはリスクが大きい

浮気調査を一人で追うことは掴むことは簡単ではありません。裁判で確実な証拠が求められるのに対し、せっかく苦労して集めたにもかかわらず、証拠としての価値が低く、認められないことも考えられます。

自力での調査のリスク

  • 心身に大きな負担がかかる
  • 裁判では証拠として認められないケースもあり
  • バレるリスクも高く違法とみなされることもある

不貞行為の証拠を掴む方法

探偵に先に相談するケース4

法的に効力のある証拠を集める

浮気の被害を不貞行為の事実として証明するためには、確固たる証拠が必要です。相手を降伏させるだけの証拠とは、裁判になっても立証できるくらいの強い証拠です。

証拠集めで肝心なことは、証拠として有効なものと効力がないものがあることを知っておくことです。せっかく苦労して集めたのに、証拠として不十分と言われないように頭に入れておくとよいでしょう。

探偵の調査の必要性

探偵の浮気調査ってどんなこと?

浮気調査の3つの方法

探偵が浮気調査を行うときには、主にこの3つの方法で進めてきます。方法としてはシンプルですが、実際に行うとなるとノウハウやテクニックが必要です

  • 聞き込み
  • 尾行
  • 張り込み
探偵の調査内容

浮気調査とは調査対象者が本当に浮気、不倫をしているのかどうか、真実を追求するための調査です。また浮気の証拠を取るため、いつでも現場を押さえられるように、尾行・張り込みや聞き込みをしながら調べていくものです。

調査には、対象者の行動を把握することが基本です。「いつ」「どこで」「誰が」「誰と」「何をしたのか」を徹底して調べていきます。

例えば婚姻関係にあるパートナーの浮気に対する証探偵が調べることとして代表的なのが以下のことが挙げられます。

  • 浮気相手の素性調査
  • パートナーの素行調査(普段の様子・行きつけの場所など)
  • 浮気の有無(写真・動画・音声で証拠をおさえることも可能)

離婚慰謝料の相談窓口

貴方のお悩みを

慰謝料のためのご相談なら何でもどうぞ

男女間トラブルを誰にも相談できず困っている方
夫婦関係に悩み辛く苦しい日々を送っている方や解決方法が分からないという方、

慰謝料請求専門窓口は、夫婦の離婚問題をはじめ、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

サービス依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop