慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > DV旦那と娘を離婚させたい!娘には内緒で行なう証拠収集
公開日: 2021/12/07
慰謝料ニュース
 公開日: 2021/12/07

DV旦那と娘を離婚させたい!娘には内緒で行なう証拠収集

DVを受けている妻たちの中には、事情があって誰にも打ち明けることができない人もいます。

DV被害者の当事者が、問題を一人で抱え込んで誰にも打ち明けられない状態でいるのは、とても危険なことです。
加害者である夫のDVの事実を追求し、罪を自覚させる解決策をご紹介します。

真実を知らなければ何も変わらない

目次│夫婦トラブル実態調査

DVトラブルの相談事例

DV旦那と娘を離婚させたい!

60代の女性がご相談にいらっしゃいました。悩んでいるのはどうやら、娘が旦那から暴力を受けているらしいこと。

DV旦那を調べたい

ちなみに…娘さんご本人は夫を恐れてDVのことを隠している様子で、腕のアザや、お子さんからの証言でわかったそうです。

調査の結果

当事務所の男女トラブル専門の調査員による情報収集や、張り込みなどによる徹底的な調査の結果、娘さんはご主人から日常的に身体的及び精神的DVの被害を受けていることが判明しました。
物的証拠は奥様のDVを受けた際のアザや傷の画像、そして医師の診断書、御主人とのやり取りを録音したテープなどです。

これを証拠に調査員立ち合いのもとご主人と話し合われた結果、協議離婚が成立しました。当事務所でできることとしては、協議離婚用の証拠に関する書類作成や弁護士の手配など可能です。

DV被害を打ち明けづらい理由

DV旦那

夫婦トラブルの中でも深刻

夫婦間のトラブルや悩みで悩んでいる妻は全国に沢山います。

旦那の浮気、ギャンブルなど夫が原因の被害はさまざまですが、中でも一番深刻なのは、精神的にも肉体的に深く傷つけるDV被害ではないでしょうか。
DVを我慢して生活する妻

DV被害件数は年々増加していますが、その被害から無事解放され問題が解決した人は、どのくらいいるのでしょうか。

実はDV問題は外部に漏れないよう、夫婦間で密封されてしまうケースが多いといいます。
被害者である妻が、誰も打ち明けられず我慢し続けてしまうことも理由の一つです。

調査の結果

・自分が悪いという思い込み
・逆らえば、もっとひどい目に遭う負の連鎖
・体裁を気にして打ち明けられない
・自分さえ我慢すれば何とかなると考えてしまう
・完全に精神をコントロールされている

DVに該当する行為とは

DV旦那

身体的被害と心的被害

DVは殴る蹴るなどの身体的暴力だけを指すのではなく、精神に損傷を負わすような場合も当てはまります。

人格を否定するような暴言や精神的な嫌がらせや、生活費を渡さない、外で働くことを許さないなどして、経済的に困窮させ相手をマインドコントルールすることも同様です。

主なDVの4タイプ

1、身体的暴行
2、心理的攻撃
3、経済的圧迫
4、性的強要<られず

実態調査で明らかになる事実

DV旦那

黙っていたら手も事態は悪くなるばかり

もしあなたの大切な人がそんな状況に追い込まれていたら、どうすればいいのでしょうか?いま起きている問題を「そのうち何とかなる、相手も変わってくれる」と無理に言い聞かせ頬ておくことは危険です。

DV問題と、しっかりと向き合い解決させることでしか、前には進めないのです。

DV旦那の特徴

DV加害者の特徴は、 相手に対する支配欲が強く、暴力を正当化し、DVを行っている自覚がない人が多いといわれています。

相談事例の場合もそうですが、おそらく実母が娘への暴力をやめるように諭したところで、このようなDV男には響かないケースが多いのです。

その現状を打破するためにはまず、DVに関する情報や、事実を証明できる証拠収集が必要です。

探偵の実態調査

当事務所では無料相談で調査の専門家が問題の対処方法をアドバイスしたり、調査の手続きをご説明したりしております。

実態調査で徹底的に夫のDV行為を証明する証拠を掴み、DVの言い逃れが一切できない状況へと進展させることを目的としています。

実態調査はプロにお任せください

当事務所にはあらゆる男女トラブル専門の調査のプロが在籍しています。お一人では解決が厳しい問題でも、専門家による最適な解決策を練り、尾行、張り込み、情報収集などの調査により解決へと導きます。

娘や旦那には内緒で調査できる?

事例のように、被害者加害者である当事者たちには内密に調査したいという第三者(親兄弟など)からのご依頼は意外に多くございます。

大概は娘さんがDVをひた隠しにしていたり、調査していることがバレたら妨害ばかりか、娘を更に危険にさらすかもしれないと危惧されているからこそだと思います。

当事務所の調査は、当事者には絶対にバレないように調査結果を出すことが可能です。

DV旦那に慰謝料は請求できる?

夫のDVが離婚原因であること

夫のDVが原因で離婚となる場合、、婚姻を継続できない重大な事由に該当すれば慰謝料の請求が可能です。ただし、実態調査などで確実なDVの証拠となるものを示さなければ慰謝料請求は認められません。

証拠として揃えるべきもの

録音テープ、画像、メールの履歴に加え心身ともに損傷を負ったという医師の診断書などを揃え、DVがあったという事実を立証しなければ慰謝料は認められません。

自分だけの判断にならないように
決定的な証拠は、調停や裁判に進んだとき被害者に有利な立場にしてくれたり、損害を受けたことを事実として立証するのに必要不可欠なものになります。

自分の判断だけでは証拠不十分という判定をされてしまうケースもあるので、注意が必要です。

夫婦トラブル実態調査の相談窓口

問題解決するための無料相談

夫婦間の悩みを誰にも相談できず、辛く苦しい日々を送っている方、またトラブルを抱え、解決方法が分からないという方、 まずは、当事務所の無料相談をご利用ください。

1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいて構いません。

また、調査が必要かどうかわからない問題も、まずはお電話ください。 お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    慰謝料請求専門調査窓口にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて調査委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop