慰謝料ニュース

Palimony News

ホーム > 慰謝料ニュース > パパ活相手の妻から慰謝料を請求されてたらどうすればいい?
公開日: 2022/02/19 最終更新日: 2022/02/21
慰謝料ニュース
 公開日: 2022/02/19 最終更新日: 2022/02/21

パパ活相手の妻から慰謝料を請求されてたらどうすればいい?

パパ活慰謝料トラブル

つい出来心で始めたパパ活だった。

パパ活をしているほとんどの女性は、始めた当初はパパと深い関係になるつもりはなかったはずです。

まさかその妻に慰謝料を請求されることになるなんて誰が予想できるでしょうか?

目次|パパ活トラブルの相談窓口

相談者
男女トラブルサポート
2022年2月19日 
男女トラブル解決の専門担当者が作成したパパ活トラブルに関する情報を公開しております。当事務所では男女問題に関する、数えきれないほどの相談や調査依頼の経験を積んできた調査員たちが多くの問題を解決してきました。
熟練した綿密な調査によって得られる結果報告が必ず、あなたの抱えている現状を大きく変える役に立つでしょう。是非お役立てください。

私たちがパパ活を始めた理由

パパ活の慰謝料トラブル

パパ活するお金以外の目的は?

かつての「援助交際」に取って代わり、2015年前後に出現した「パパ活」

若い女性が援助金としてお金を受け取るかわりに、男性に恋人気分を演出することです。

「パパ活はお金のため」という女性がほとんどではないでしょうか。

お金に困っているから、高価なものを身に着けたいから、きっかけは人によってさまざまだと思います。 お金が目的という前提で、パパ活をする理由やきっかけを詳細に話してもらいました。

質問者
質問者

お金以外で、パパ活をする目的って本当のところ何かありますか?

パパ活女子
パパ活女子

そりゃリッチな気分を味わいたいからでしょ。普段はビンボー学生だから高級レストランとか行けないし。

質問者

高級店は学生さんなら憧れますよね。でも、彼氏のいる人なら罪悪感とか湧かないんですか?

パパ活女子
パパ活女子

少しはね、でもパパ活って割り切ってるし。カレシじゃとても連れってってくれないもん。周りのパパ活してる子もそうだけど、経済的に豊かな男性と繋がりたいってのもあるかな。

質問者
質問者

なるほど。普段味わえない経験をして視野を広げたいってことですね。他にはありますか?

パパ活女子
パパ活女子

色んな子に話聞くと、海外留学、資格取得、整形手術とか、いわゆる自己実現だよね。色々あるみたい。

パパ活は不倫になるの?

奥さんからまさかの慰謝料請求が!

パパ活トラブルの相談事例
パパ活の慰謝料トラブル

ちょっとの好奇心とお小遣い稼ぎに、友達に誘われ軽い気持ちで始めたパパ活。食事やカラオケをしてお金がもらえるなんてラッキーとしかいいようがありませんでした。

2人の男性とパパ活していましたが、そのうちの1人の男性から10万円を払うから一度だけホテルへ行きたいと言われました。印象の良い男性でしたし、そのときまとまったお金が欲しかったので、つい言われるがままになってしました。

男性が既婚と知ったのは奥さんから慰謝料請求の通達が来たときでした。これって不倫になるんですか?ショックでどうしていいかわかりません。

性的関係があるのかないのか

パパ活に関しては男性も女性も不倫という認識はほとんどないと言います。 なぜならパパ活は、あくまでお金を介しての男女関係で、必ずしも性的関係を前提として始めたわけではないからです。

女性の認識

  • お金持ちの男性に高級料理をごちそうになれる
  • 何か高いものをプレゼントしてもらえる
  • 性的な関係にならなくてもいい
  • そのうえお金ももらえる

ただし男性に限って言えば、「若い女性と火遊びしたい」「疑似恋愛を楽しみたい」という気持ちから不倫関係に発展したい下心を持っている人もいます。

男性の意向に流されてしまい、不倫の条件が揃ってしまう可能性があるので注意が必要です。とにかく「食事だけ」とルールを決めてパパ活するなら不倫になる可能性は極めて低いといえるでしょう。

パパ活のリスクと回避法

パパ活の5つのリスク

パパ活を軽く考えて始めると、後でリスクを負ったりトラブルに遭う可能性があります。
安全が保障されているわけでもなく、見ず知らずの男性と会って疑似恋愛のようなことをするのですから、さまざまなリスクが潜んでいてもおかしくはないでしょう。

そのリスクは軽いものから、深刻なものまであります。

リスクその1「パパ活がやめられない」

贅沢三昧させてくれるパパに依存してしまい、普通の暮らしや、同年代の彼氏じゃ物足りなくなってしまうケースです。

初めは金銭的にサポートしてもらっていたのが、人生経験豊富なパパに頼るうちに徐々に精神的依存へと変わっていきます。

リスクその2「無理やり性行為させられる」

身体の関係はなしの約束だったにもかかわらず、お酒を飲まされたりして言いくるめられて、そのままホテルへ連れこまれ、乱暴されてしまう場合もあります。

リスクその3「お金を払わずパパに逃げられる」

この場合、2つの事が挙げられます。1つはパパが、持ち合わせがないなどと言って支払ってくれず、そのまま姿をくらますパターンです。もう一つはずっと独身だと言っていたのにもかかわらず、妻にバレたとたん自分は既婚者と言っていたはずだと言って責任逃れするパパです。

リスクその4「パパがストーカーになる」

パパ活に手を染めるような男性は女性と出会いたい願望が強く、寂しさを抱え人に依存する傾向があります。

そんな男性の中にストーカー気質の人がいてもおかしくありません。実際にパパ活がきっかけで男性に襲われ、女性が命を落とした事件があります。

リスクその5「慰謝料を請求される」

もし相手が既婚者だった場合、その妻から慰謝料を請求されるリスクがあります。裁判にまで進展したり、もし支払えなければ財産の差し押さえで親や会社にバレる恐れもあります。

パパ活のリスクを回避する方法

パパ活にはさまざまなリスクが存在することが分かりました。このような危ないパパ活を回避する方法は次の回避法を参考にして下さい。

  • 既婚者かどうかはしっかりと確認しておく
  • 必ず食事だけにとどめておく
  • 個人情報をむやみに教えない
  • 嘘をついていないか身分証など見せてもらう
  • 危険な雰囲気を感じたらすぐに帰ること

慰謝料を請求される場合とされない場合

パパ活慰謝料トラブル

パパ活の慰謝料どうなる?!

すでに述べたように、食事だけの関係ならパパ活は不倫には該当しません。不貞行為とは妻以外の女性と肉体関係を持つことであり、それによって夫婦関係が破たんすれば妻は不倫相手に慰謝料の請求ができます。

パパ活の場合も肉体関係があれば慰謝料の支払い義務に該当する場合があります。
つまり既婚者だと知りながらパパと深い関係を持った場合、金銭の授与があったにしても、妻からの慰謝料請求に応じなくてはならない可能性があります。

パパ活で不倫慰謝料請求される場合
  • 故意過失があった場合
  • 相手が既婚者であることを知った上で不貞行為に及んだこと
  • 相手が既婚者ということを知りながら、性交渉をしてしまった場合
パパ活で不倫慰謝料が請求されない場合
  • 性的な関係がない場合
  • パパがすでに奥さんに対して慰謝料を支払っている場合
  • 相手が既婚者だと知らなかった場合
  • 女性が未成年だった場合

女性が未成年だった場合罰を受けるのは男性

パパ活相手の女性が「未成年の場合」などは違法となり、男性側が罰せられ逮捕された事例もあります。例えば「児童福祉法」「児童買春、児童ポルノに係る行為等の及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」などに違反する行為です。

相手の女性の素性がわからないまま、性的関係を持った場合、男性が不利になることがあります。

金銭を授受していても「合意」の有無で女性側から「強制性交罪」で被害届が出される場合もあります。未成年の女性は慰謝料請求に応じる必要はなく、むしろ被害者となりうるわけです。

慰謝料請求されたときの対処法

慰謝料に応じる必要があるのか冷静に考えてみる

自分は不倫している実感もないのに突然、慰謝料請求が来た場合には慌ててしまうのが当然ですが、慌てずに冷静に対処することが重要です。

まず、自分の行なってきたパパ活が慰謝料請求に該当するのかしないのか、確認しましょう。

既婚者と知らされていないのなら支払う義務はありませんにおで、パパとのLINEの履歴などに独身者と偽っている文言が残っていないかチェックします。

既婚者と知っていて性的な関係を持っていた場合

パパが既婚者であることを知っていた場合には、残念ながら慰謝料から逃れることはできません。 パパと相談して慰謝料の支払いを検討する必要があります。

相手の請求する金額が適正なものであるならば、早期に和解してしまうのも1つの方法です。 また、金額的に納得することができないのであれば裁判も視野に入れる必要があります。

探偵や弁護士等のプロに依頼することも検討しましょう。慰謝料の支払い義務や、性的関係がないのなら事実を証明するサポートしてくれます。何よりも精神的な負担をかなり軽くすることが可能です。

パパ活慰謝料トラブル

パパ活トラブルの相談窓口

前向きに進んでいくために

慰謝料請求専門窓口 は、男女トラブルをはじめ、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。 あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop