不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 冷静さを取り戻すまでお聞きします!不倫・浮気埼玉相談室
公開日: 2021/02/16 最終更新日: 2021/03/18
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2021/02/16 最終更新日: 2021/03/18

冷静さを取り戻すまでお聞きします!不倫・浮気埼玉相談室

離婚前、離婚後、慰謝料請求なんでも相談室

パートナーが不倫・浮気していたらあなたならどうしますか?ここでは感情的になり先の事を考えず行動を起こすことで発生する「リスク」についてご説明します。

不倫・浮気埼玉相談室│目次

感情的にならないために

埼玉県民の3人に1人が浮気している?

ある調査で埼玉県民がダントツ浮気が多いことが判明しました。なんと不名誉なと思われるかもしれませんが、そこは情熱的で感情的な県民性が災いして…と考えてもよいかと思います。男女トラブルにおいては冷静にという方が難しいかもしれませんが、感情的になりすぎて相手を責めたて過ぎては、かえって不利になることがあります。自分自身が炎上している矢先、早々に相手との話し合いの場を持つと下記のようなことになりかねません。

  • 追及したために浮気の証拠を隠された。
  • 暴力的な行動をしてしまった。
  • 警戒心を強めてしまい証拠収集が難しい。
  • 疑ったことで関係修復が難しくなった。
  • 警戒心を強めてしまい証拠収集が難しい。

埼玉県相談事例(成功例)

ワンポイント

次にご紹介するのは、パートナーに浮気されても冷静さを持ち続け、慰謝料請求に成功した事例です。是非参考になさってみてください。

男性
ご依頼者様: 41才/男性 会社員
ご依頼内容: 不倫・浮気調査
ご依頼理由: 9年連れ添った妻が不倫をしていました。相手から誘われたとはいえ半年間、私に隠れて何度も逢瀬を重ねていたことを知り、頭が真っ白になりました。最初は問い詰めたい気持ちで一杯でしたが、相手を前にすれば感情的になって自分も何をするか分からなかったため、まずは冷静さを取り戻そうと思いました。探偵事務所に相談することにしたのは、一人では決定的な証拠を集めることは不可能と思ったのと、同時に冷静さと客観的視野を保てないと思ったからです。相談にのってもらうことで、とても精神的に楽になり冷静さも取り戻すことができました。的確なアドバイスと証拠集めをしていただき、納得のいく慰謝料を請求することができたと思っています。
調査レポート: 今回の調査で成功したポイントは、「追及する前にご相談」いただけたことです。不倫・浮気調査では、浮気を追及したり不倫を疑っていることを伝えると、当然対象者(妻)は警戒します。普段であれば、振り向きもしない駅までの通勤ルートも振り返ってみたり、車で移動するときもバックミラーを細かく確認したり、隠そうと必死になります。自分で証拠を確保することも不可能ではありませんが、対象者(妻)に調査していることがバレてしまえば、証拠を隠されてしまうリスクが大きいです。今回は、追及する前で対象者は一切警戒する行動もなく、無事継続して会っている証拠を取得することができました。

埼玉県相談事例(失敗例)

ワンポイント

今回ご紹介する相談事例は、感情的に追及してしまったことで「真実」が隠されてしまった事例です。「浮気しているかも?」の段階で相手に追及しても、警戒されるだけでメリットが少ないといえます。

女性
ご依頼者様: 35才/女性 会社員
ご依頼内容: 不倫・浮気調査
ご依頼理由: 結婚の約束をしていた同棲中の相手が二股をかけていると共通の友人を通して知り、ショックでした。とても冷静になれず、その日帰ってきた相手を思い切り責めてしまいました。あまりに感情的に問いつめる私に対し相手は嫌気がさしたように部屋を出ていきました。その後、携帯で連絡しても音信不通になってしまったので、待ち伏せて再び相手を責めると、相手からかえって嫌がらせされたことを訴えると言われてしまいました。そして会っていない間に浮気相手とのメールのやり取りやその他の、浮気を立証するための証拠を全て削除、隠蔽されてしまいました。感情的になって我を忘れてしまったことで、相手に先回りされてしまったのだと思い後悔しています。
調査レポート: 今回のポイントは、「追及だけならなんとかできる」のですが、待ち伏せやつきまといがバレた段階でかなり厳しい調査になるでしょう。理由としては、一度待ち伏せして注意されている状況で再度バレれば「ストーカー」扱いされて不利になる可能性があるからです。今回は特殊機材(隠しカメラ)を使い無事撮影できましたが、立地条件などによっては調査ができない場合もあります。案の定、映像を確認してみると家の周りを何度も確認したり、車両の下を覗き込む姿が確認されており、かなり警戒していることがわかります。

感情的になって失敗しないために!

正しい判断ができなくなる?!

信頼していた相手に裏切られたら誰だって、そのショックは相当のものでしょう。ましてや好きになって心を許した相手です。自分がどれだけ傷ついているのか、相手にわかってほしい一心でひたすら攻め続けたり、理由を問いただしたりしてしまいかねません。

ですが人の心理は勝手なもので、激しく責められたり怒られたりすると、それを避けたり逃げたくなるだけで反省はしてくれないものです。こちらが冷静さを失えば相手も同じテンションになりがちです。また理由を問い出しても、不貞行為に根拠があるわけでもないので期待通りの回答は得られないでしょう。

話し合いの場を持ちたいと考えているのなら、まずは冷静さを取り戻し、順を追って建設的な話し合いをしましょう。相手が 言い逃れ出来ないような決定的な証拠を用意してからでも、決して遅くはありません。

はじめての探偵相談はこちら

はじめてだから知りたい!

「浮気しているかもしれない」「こんなこと誰にも相談できない」「落ち込んでしまい、何も考えられない…」と途方に暮れてしまうことがあるかもしれません。そのようなとき、男女間のトラブルを解決へと導いてくれるのが探偵事務所です。 探偵事務所に相談してみたいと思っても、いざ電話やメールで問い合わせるとなると、なんとなく不安な気持ちになることもあると思います。

まずは「解決策」を確認しましょう!

「自分が直面している問題を一番いい方法で、解決まで導いてくれる探偵」が、あなたにとっての『理想の探偵』ではないでしょうか?しかし、解決策は話しを聞いてみないとわかりません。「この解決策なら」と思えるポイントがあるかどうかが探偵事務所探しの段階で重要です。まずは専門家に相談してみませんか?



記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop