不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート

Affair Flirt Consolation Money - support

ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 > 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート > 実はダブル不倫!?慰謝料請求した元妻の浮気が離婚後に発覚
公開日: 2022/03/31
不倫・浮気の慰謝料請求関連記事 - 不倫・浮気の慰謝料請求相談サポート
 公開日: 2022/03/31

実はダブル不倫!?慰謝料請求した元妻の浮気が離婚後に発覚

離婚後のダブル不倫調査1

夫の浮気のせいで夫婦仲がこじれ協議離婚に至った夫婦。夫は妻の要求する額の慰謝料を支払いました。
ところが後になって元妻の浮気疑惑が浮上、もしそれが事実なら慰謝料請求に応じる義務はなかったのではないか?そんな複雑な状況における慰謝料について解説します。

目次│離婚後の慰謝料相談窓口

相談者
離婚慰謝料サポート
2022年3月31日 
慰謝料問題解決の担当者が書いた離婚後の慰謝料請求に関する情報を公開しております。
専門調査を行ない、隠されていた真実を知り、前に進むことに大きな意義があります。真実を知ることが人生を取り戻す第一歩になるはずですあなたの抱える問題を一日も早く解決できるよう尽力いたします。是非お役立てください。

元妻の浮気を知ったきっかけ

自分の浮気だけが離婚原因にされた

慰謝料トラブル相談事例
離婚後のダブル不倫調査2

私の浮気が発覚し、妻に離婚と慰謝料請求をされました。穏便に済ませたかったので協議離婚の末150万円支払いました。子どもはおらず、養育費の支払いはありません。つい出来心からの浮気だったので相手とはすぐに別れました。
ところが、知人経由で妻の現在の交際相手は大学の同級生で数年前から妻と密かに会っていたという噂を聞きつけました。考えてみると妻もよく家を留守にしていたし、遊びに出かけていました。私の不貞行為を責めることで自分の浮気をカモフラージュしていたのかもしれません。それが事実なら、慰謝料は返金してもらえるのですか?

自分の浮気だけ隠し通した妻の心理はいかに?

相談にいらした事例の男性は、結婚していた当時は元妻の浮気を確かめなかったそうです。自分の浮気がバレないことへ意識を向けていたので、妻の浮気を疑う余裕がなかったのでしょう。

妻は自分も浮気していたにもかかわらず、それを隠し通し夫にだけ離婚責任を負わせたのだとしたら、それは何のためでしょうか。妻の心理として考えられるのは次のようなことです。

  • 自分は有責配偶者になりたくない
  • 夫と離婚して不倫相手を選びたい
  • 夫から慰謝料を請求したい

有責配偶者からは離婚できない

離婚後のダ3ブル不倫調査3

有責配偶者から離婚できない理由

原則、有責配偶者からの離婚は認められません。有責配偶者とは裁判において離婚が認められる原因を作った配偶者のことを指しています。不貞行為もその一つです。

そもそも不倫をしておきながら、なんの落ち度のない配偶者に離婚を強要するのは不憫すぎます。

有責配偶者からでも離婚できる要件

とはいえ、離婚したがっている相手と無理に暮らすのもそれはそれでお互い辛いですよね。
そこで有責配偶者からの離婚請求であっても以下の3つの要件が満たされる場合、例外として離婚を認めると定められています。

  • 夫婦の別居が相当長期に及んでいる
  • 夫婦間に未成熟の子がいない
  • 相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に苛酷な状況におかれることがない

ダブル不倫の場合は慰謝料はどうなる?

離婚後のダブル不倫調査6

お互いが加害者であり被害者のとき

もし妻も夫も同時期に不倫していた場合、夫婦関係を続けるなら事実上は慰謝料は発生しません。しかし、不貞行為が原因で離婚に至るとき、互いに損害を受けた立場として慰謝料を請求した場合はどうなるのでしょうか。

このケースの場合は、同じ金額を支払えばプライスマイナスゼロになってしまい慰謝料請求する意味がありません。それぞれの不貞行為の内容や事情によって支払う金額に差が出る可能性が高いです。

例えば…

  • 夫婦の収入の差
  • 浮気していた期間
  • 浮気した回数
  • 相手の浮気による精神的負担の大きさ
  • 夫婦のどちらが先に浮気したのか
  • など考慮されます。

ダブル不倫のもう一つのパターンとして片方の配偶者が不倫をし、その相手が既婚者である場合、不貞行為の当事者は慰謝料請求に対し配偶者と不倫相手の配偶者の両者に支払う義務が生じます。
また配偶者も自分と不倫相手、ダブルに慰謝料を請求することになります。

離婚後に慰謝料を返金できる?

離婚後のダ3ブル不倫調査4

慰謝料の支払い後の変更は難しい

自分の不貞行為を認め、決定した慰謝料なので支払い後に返金を求めることは、ほぼ不可能です。支払う際、自分の罪と相手の精神的損害を認め賠償金として支払っていることも関係しています。
余程のことがなければ後から変更されることは認められません。

ただし、慰謝料の支払い方法や元妻が浮気を事実と認めた場合など、事情によっては変更が考慮される可能性もあります。諦めたくないという方は下記の方法を検討しましょう。

  • 妻の不貞行為を証明する
  • 妻ともう一度話し合う
  • 求償権を求める
  • 減額請求をする
  • 不貞の事実を暴き裁判を起こす

求償権と減額請求について

求償権は、不貞の慰謝料を支払った人が、、不貞の相手となった人に対して支払った額の一部を請求できる権利です。

例えば、不倫相手の妻から慰謝料を請求され支払ったけど、夫婦が離婚しなかったので不倫相手だった夫に求償を求め、不倫の主導権など実態を考慮し、いくらか返金される制度です。

減額請求は支払えない事情がある場合に相手に減額を求めることを意味します。

離婚後の慰謝料変更請求で注意すべきポイント

一括で支払った場合の返金や変更は難しい

一般的に慰謝料は一括払いが多いのですが、相場金額の50万円~300万円を一括で支払えないという人もいます。分割で支払っている場合、後から元妻の不貞行為が賞味できれば減額できる可能性があります。

既に一括で支払っている場合は減額するのは難しいので、元妻の浮気の証拠を掴んだうえで裁判を起こすしかないでしょう。

慰謝料を変更するために気をつけたいポイント
  • 事実証明のための決定的な証拠を用意する
  • 決定的な証拠を掴んでから妻と交渉する
  • 証拠を示しても認めないなら裁判する
  • 自力では困難なら専門家に依頼する

過去の浮気調査について

離婚後のダブル不倫調査5

持つ妻の浮気が事実と認められる有力な証拠

慰謝料の見直しの交渉をする前提には、元妻の浮気を証明する決定的な証拠を入手することが絶対条件です。
言い方を変えれば確固たる証拠がなければ「何をいまさら根拠のないことを言ってるんだ?」と言われ、弁護士もさえも取り合ってはくれません。

言い逃れできない有力な証拠を見つける

浮気の証拠はもちろん自力でもいくつか見つけることができるでしょう。ただし、それは妻が諦めて白状するほどの決定的な証拠や、裁判所が認める有力な証拠でなければなりません。

不貞行為の証拠として有力になるものは、肉体関係を示す画像や音声などです。主に、ラブホテルに複数回出入りする様子や肉体関係があることを示すメールや音声の内容をいくつか入手できれば、相手も言い逃れしないでしょう。

過去の浮気の証拠入手は困難

今回事例にあった相談者の立場は、既に離婚しており慰謝料も一括で支払っています。現時点で慰謝料の返金や減額を求めることはかなり難易度が高いです。
自力で元妻が当時浮気していたことを調べても証拠となるものはすでに抹消、隠蔽されている可能性が大きいからです。

そこで本来ならお勧めする専門家による調査ですが、やはり浮気調査は現在進行形の案件のみ依頼可能という探偵事務所がほとんどです。

ただし当事務所のように相談の内容と現状を考慮し、証拠を入手できるか検討したうえで調査できる場合もあるので、まずはご相談ください。

貴方のお悩みを

離婚後の慰謝料相談窓口

お悩みをご相談ください

慰謝料請求専門窓口は、夫婦の離婚問題をはじめ、多様なトラブルに対応し、慰謝料に関する疑問にお答えいたします。

あなたの希望に満ちた明るい未来を取り戻すため、私どもは全力でサポートいたします。

他社で断られた案件についても対応いたしますのでお申し付けください。 お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間お受けしています。

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

慰謝料請求専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 慰謝料請求専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 慰謝料請求専門調査窓口

pageTop